2019-04-20から1日間の記事一覧

「女と料理 - 藤本義一」中公文庫 男の遠吠え から

「女と料理 - 藤本義一」中公文庫 男の遠吠え から 食いものの恨みはこわいなどという。たしかに、人間の三大欲望のひとつで、人生の中で一番長いかかわり合いをもつのが、この食欲というやつであろう。 ところが、料理下手(べた)の女房というのをもらった…

(巻二十一)立読抜取句歌集

散らば散れ花こそ春の物狂(正岡子規) 日傘さしてまねぶ嬌態艶姿かな(岡本松浜) 人に似てかなしき猿を回しけり(西島麦南) 義理を欠くことが養生遅々と春(田畑美穂女) ごまめ噛む隙だらけなる夫の顔(長崎玲子) 寄り道も我が道もなし酉の市(長谷川栄子) 君地獄…

(巻二十一)荷風なし万太郎なし三社祭(宇田零雨)

4月19日金曜日 本日の一句を持ちまして巻二十一の読み切りとなりました。巻二十一の句はこのあとブログに一挙掲載致します。 今日から週末でして、お使いと駅前クリニックに手術後の経過報告とお薬を頂きに伺った。 お使いは、の国民健康保険証を返納に区…

The subtle science of attributing anonymous prose (The Economist September 22nd 2018) 匿名文章の作者特定

The subtle science of attributing anonymous prose (The Economist September 22nd 2018) 匿名文章の作者特定 Every writer overuses a word or two. Johnson’s weakness is “fascinating”. Kate Fox’s pop-anthropology book “Watching the English” uses…