随筆筆写控え帳

随筆筆写控え帳

「幸福の文学 吉田健一 『酒肴酒』 - 丸谷才一集英社文庫 別れの挨拶 から 「銀玉鉄砲 - なぎら健壱ちくま文庫 東京昭和30年下町小僧 から 「第六章 左沢線長井線・赤谷線・魚沼線 -  宮脇俊三河出文庫 時刻表二万キロ から 「ヒコーキ - 向田邦子」文春文庫 霊長類ヒト科動物図鑑 から 「民芸の美(小学六年) - 柳宗悦」文春文庫 教科書で覚えた名文 から 「いろいろの死 - 尾崎一雄岩波文庫 日本近代随筆選1 から

「ナイター・弁当・生ビール - 東海林さだお」文春文庫 タコの丸かじり から 「プロ野球にケジメはいらない - 天野祐吉ちくま文庫 バカだなア から

「「思われる」と「考える」 - 外山滋比古」 ちくま文庫 思考の整理学 から 「禁酒と解禁と - 野間宏」中公文庫 私の酒 から 「歴史の手触り - 安岡章太郎」文春文庫 巻頭随筆3から 「病院にはなるべく行かない - 池田清彦新潮文庫  他人と深く関わらずに生きるには から

「「戦後」の完成-アプレゲールの末路 - 西部邁」中公文庫 保守思想のための39章 から

「黙っている猫 - 大佛次郎」徳間文庫 猫のいる日々 から 「「怒りの葡萄」とアメリカ的楽天主義 - 福永武彦ちくま文庫文豪文士が愛した映画たち から

「品格について - 谷崎潤一郎」中公文庫 文章読本 から 「手術の決心 - 井上光貞」文春文庫 巻頭随筆3 から

「近代日本の作家の生活 - 伊藤整岩波文庫 近代日本人の発想の諸形式 から 「日本語はやさしい言語である - ドナルド・キーン朝日文庫 日本人の質問 から 「青春の一冊『ぼくらは生れ変った木の葉のように』 - 俵万智」文春文庫 青春の一冊 から 「生まれ変わるためには死なねばならない - 河合隼雄」 新潮文庫 こころの処方箋 から 「旅 - 吉田健一」中公文庫 汽車旅の酒 から 「これが海だ - 北杜夫」中公文庫 どくとるマンボウ航海記 から 「金と女 - 邱永漢」中公文庫 金銭読本 から 「老いの英語学習 - 遠藤周作集英社文庫 お茶を飲みながら から 「書について - 山口瞳新潮文庫 礼儀作法入門 から

「なべ - 林屋辰三郎・梅棹忠夫多田道太郎加藤秀俊 共同討議録」中公文庫 日本人の知恵 から

「特別阿房列車(抜き書き其の一) - 内田百けん旺文社文庫 阿房列車 から

「役者 - 小林秀雄」文春文庫 考えるヒント から 「帳面 - 串田孫一ちくま文庫 文房具56話 から 「隅田川西岸 - 村上元三」中公文庫 江戸雑記帳 から 「悼 宮口精二 - 中村伸郎」ハヤカワ文庫 おれのことなら放つといて から 「風景について - 深田久彌」中公文庫 わが山山 から

「歯ぎしり - 泡坂妻夫」文春文庫 巻頭随筆4 から 「わが身辺に低廉の佳肴あり - 檀一雄」中公文庫 わが百味真髄 から 「夢殿の救世観音 - 広津和郎岩波文庫 日本近代随筆選1 から 「作家の年齢 - 瀬戸内寂聴新潮文庫 幸福と不安と から

「死ぬ場所の問題 - 水野肇」中公文庫 夫と妻のための死生学 から 「文庫本が好き - 丸谷才一」ハヤカワ文庫 私の選んだ文庫ベスト3 から 「一将功成 華僑の冷飯ぎらい - 邱永漢」中公文庫 食は広州に在り から 「五十年前[ぜん] - 塚原渋柿園岩波文庫 幕末の江戸風俗から 「大衆の変質 - 山崎正和」中公文庫 柔らかい個人主義の誕生 から 「人間臨終愚感 - 山田風太郎徳間書店刊 半身棺桶 から

「山高きが故に.....ー 浜本淳二」文春文庫’09年版ベスト・エッセイ集から 「伊達政宗の城に乗り込む-坂口安吾河出文庫 安吾新日本地理 から

「歩兵の思想 - 寺山修司小学館文庫 たかがカレーというなカレー から

「遺書状を書く必要がなかった人 - 新藤兼人新潮文庫 ボケ老人の孤独な散歩 から

「谷崎を読む - 養老孟司」文春文庫 涼しい脳味噌 から

「泰西人の見たる葛飾北斎 - 永井荷風岩波文庫 江戸芸術論 から

「戦後欲望外史-高度成長を支えた私民たち - 上野千鶴子ちくま学芸文庫 増補〈私〉探しゲーム 欲望私民社会論 から

「荒川を渡って路地の町へ - 四ツ木、堀切(葛飾区) - 川本三郎ちくま文庫 私の東京町歩き から

「ひとりでお酒を飲む理由(抜書)-山崎ナオコーラちくま文庫 泥酔懺悔 から

「もしあのとき - 宇野千代ちくま文庫 わかっちゃいるけどギャンブル から

「女と料理 - 藤本義一」中公文庫 男の遠吠え から 「立食式 - 吉田健一」中公文庫 私の食物誌 から

「ロミオの「インクと紙」-まえがきに代えて - 松岡和子」ちくま文庫 「もの」で読む入門シェイクスピア から

「デジタル化で失ったもの ー 池澤夏樹」文春文庫’10年版ベスト・エッセイ集から

「解説 春画の扉を開いた人 - 辻惟雄講談社学術文庫 江戸の春画白倉敬彦著 の解説

「偽国宝そろばん - 山岡荘八」文春文庫 文藝春秋編巻頭随筆2から

「総支配人 定保英弥 - 村松友視」文春文庫 帝国ホテルの不思議 から 「本のリズム、暮らしのテンポ - 角田光代岩波文庫編集部編 読書という体験から 「鍋料理の話 - 北大路魯山人」中公文庫 魯山人味道 から 「生きていた新撰組 - 太田俊穂」文春文庫 巻頭随筆 から 「水のような - 吉行淳之介ちくま文庫 吉行淳之介ベスト・エッセイ から 「“眼” - 王貞治」文春文庫 91年版ベスト・エッセイ集 から 「アーロン収容所・まえがき ー 会田雄次」中公文庫 アーロン収容所 から

「死ぬのによい日だ - 丸元康生」文春文庫 09年版ベスト・エッセイ集 から

「最後のウエスタン・カーニバル - 村松友視毎日新聞社刊 男と女 から

「目刺とそば - 永田耕衣」文春文庫 そばと私 から

「離着陸 - 團伊玖磨朝日文庫 なおパイプのけむり から

「1-2伊勢神宮の今日的な意味 - 曽野綾子新潮文庫 百年目 から

「人間臨終愚感 - 山田風太郎徳間書店刊 半身棺桶 から

 「地図と旅行 - 加藤秀俊」中公文庫 暮しの思想 から

「妻との修復 - 嵐山光三郎」文春文庫 09年版ベスト・エッセイ集から

「1-2スリラー映画 ー 松本清張ちくま文庫 文豪が愛した映画たち から

「生死の問題(一部抜き書き) - 北野武幻冬舎文庫 全思考 から

「誤訳と誤用 - 羽仁 翹(ぎよう)」文春文庫 巻頭随筆2 から

「ふたたび美醜について ー 福田恆存ちくま文庫 私の幸福論 から

「武蔵野 - 国木田独歩」文春文庫 教科書でおぼえた名文 から

「放水路 - 永井荷風岩波文庫 荷風随筆集(上) から

「蘊蓄 - 筒井康隆講談社文庫 創作の極意と掟 から

「柏原兵三『徳山道助の帰郷』 - 南木佳士」文春文庫 青春の一冊 から

世阿弥の《風姿花伝》について ー 立原正秋」角川文庫 男の美学 から

「焼き鳥の串の業績を讃える - 東海林さだお」文春文庫 タコの丸かじり から

「1-2(遠野物語)解説 ー 山本健吉新潮文庫 遠野物語 から

「行きあたりばったり ー 五味康祐(やすすけ)」中公文庫 私の酒 から

「銀座 ー 岡本綺堂旺文社文庫 綺堂むかし語り から

「洋書店文化の黄昏 - 奥本大三郎文藝春秋刊 03年版ベスト・エッセイ集から

「ゼイタク論 - 三木 卓」

「1-3牛丼屋にて - 団鬼六ちくま文庫 お~い、丼 から

「女・運 ー 池波正太郎新潮文庫 男の作法 から

鍋物で味わうマイホームの幸せ - 檀一雄」中公文庫 わが百味真髄 から

「新種の涙 - 池部 良」文春文庫 文藝春秋編巻頭随筆?から

 「1-5水の流れ 永井荷風文学紀行 - 安岡章太郎」 講談社刊 歳々年々 から

「1-2江戸の出版界 - 藤沢周平文藝春秋 刊 帰省ー未刊行エッセイ集 から

「浅草紙 - 寺田寅彦岩波文庫 日本近代随筆選 1 から

「デイブ・ヒルトンのシーズン ー 村上春樹

「1-2私の嫌いな10の人びと(解説) - 麻木久仁子新潮文庫私の嫌いな10の人びと(中島義道著) から

「日本漂流ー小松左京」 ケイブン社文庫 おえらびください から

「魚は那須にかぎる - 海音寺潮五郎」文春文庫 文藝春秋編巻頭随筆第一巻から

輿論の変質ー世論といういかがわしきもの - 西部邁」中公文庫 保守思想のための39章 から

「文学の中の鉄道 から 雪国 - 原口隆行」 鉄道ジャーナル 刊 文学の中の鉄道

「1-2 私はなぜ船に乗ったか - 北杜夫」中公文庫 どくとるマンボウ航海記 から

「神様の休暇 ー 澤地久枝」文春文庫 巻頭随筆IV から

「1-2 フェアプレーか無私か - 山折哲雄中央公論新社刊 こころの作法 から

「読書人 - 浅田次郎集英社刊 ま、いっか から

 「1-3 二つの自白(刑編、民ー前後編) - 和久峻三」中公文庫 法廷生態学 から

「列車食堂の為に弁ず - 内田百ケン」福武文庫 百鬼園先生言行録 から

「1-2隅田川東岸 - 村上元三」中公文庫 江戸雑記帳 から

「なまなかなもの - 井上弘美」中公文庫 あるようなないような から

「あとがき - 本多勝一朝日文庫 日本語の作文技術 から

「年始歳暮 - 鏑木清方岩波文庫 鏑木清方随筆集 から

「社会比較による自己相対化 - 杉本良夫」 ちくま文庫 日本人をやめる方法 から

「第1章 神岡線富山港線氷見線越美北線 - 宮脇俊三河出文庫 時刻表2万キロ から

「俎豆千秋 屈原にあやかる - 邱永漢」中公文庫 食は広州に在り から

「必死の逃亡者 - 柴田錬三郎ちくま文庫 文豪文士が愛した映画たち から

「からだに従う - 谷川俊太郎」 新潮文庫 ひとり暮らし から

「警視総監賞 - 向田邦子」文春文庫 霊長類ヒト科動物図鑑 から

「懺悔せずにはいられない − 米原万理」文春文庫 ガセネッテ&シモネッタ から

「面白い新聞が読みたい - 椎名誠」文春文庫 ガス燈酒場によろしく から

「貧乏物語 序 - 河上肇岩波文庫 貧乏物語 から

「「老」の微笑 - 中村光夫岩波文庫 日本近代随筆選 から

「お世話さま - 森本哲郎新潮文庫 日本語 表と裏 から

葛飾の思い出 - なぎら健壱ちくま文庫 下町小僧 から

「1-3もの食う女 - 武田泰淳」文春文庫 もの食う話 から

「若き日の手鏡 - 十勝花子」文春文庫 10年版ベスト・エッセイ集 から

「1-2性にタブーは必要だ - 遠藤周作集英社文庫 愛情セミナー から

「近代化百年の終わり(一部抜書き)- 山崎正和」中公文庫 柔らかい個人主義の誕生 から

「1-3戦前の面影をたずねて - 吉村昭」文春文庫 東京の下町 から

「病院の春 - 夏目漱石岩波文庫 漱石紀行文集 から

「1-3プロローグ(別の世界の入口) - 水木しげる光文社文庫 極楽に行く人 地獄に行く人 から

「禁じられた性書 ー 川本三郎実業之日本社刊 あのエッセイ この随筆 から

「1-2日本古典文学の特質ー余情の文学 - ドナルド・キーン朝日文庫 日本人の質問 から

「携帯から始まる新たな表現 - 森村誠一講談社刊 人生の究極 から

「1-2 綺堂のことば - 山本夏彦」 文春文庫 完本文語文 から

「死から生への転機 - 奈良本辰也」中公文庫 武士道の系譜 から

「1-2 鮪を食う話 - 北大路魯山人」中公文庫 魯山人味道 から

「映画の問題(抜き書き)ー 北野武幻冬舎刊 全思考 から

谷中銀座大好き - 森まゆみちくま文庫 谷中スケッチブック から

サザエさんの性生活 - 寺山修司」角川文庫 家出のすすめ から

「1-3 私のウイスキイ史 - 山口瞳」河出書房 人生論手帖 から

「齢を重ね贅沢な時間 - 黒井千次」文春文庫 10年版ベスト・エッセイ集 から

「読書とエンピツ - 高橋義孝」文春文庫 教科書でおぼえた名文 から

「無題 ー 立川談志」文春文庫 そばと私 から

「芥川の事ども - 菊池寛岩波文庫 日本近代随筆選 から

「読むことと書くこと(一部)- 井上ひさし」 新潮文庫 自家製文章読本 から

「断筆宣言 ー 筒井康隆」光文社 断筆宣言への軌跡 から

「動物とアルコール - 戸川幸夫」中公文庫 私の酒 から

「鐘の声 - 永井荷風岩波文庫 日本近代随筆選 から

「地図をみながら - 深田久彌」中公文庫 わが山山 から

「欲とバランス - 藤堂明保」角川文庫 女へんの漢字 から

「火事場 - 別役実」大和書房刊別役実著 都市の鑑賞法 から

「人間はすごいな - よしもとばなな」 文春文庫 11年版ベスト・エッセイ集 から

 「食慾について - 大岡昇平」文春文庫 もの食う話 から

特高スパイ事件 - 和久峻三」中公文庫 法廷生態学 から

「広告のなかの銀座 ー 天野祐吉」 筑摩書房 見える見える から

1/5-5/5「四畳半襖の下張「裁判」法廷私記 - 吉行淳之介ちくま文庫 吉行淳之介ベスト・エッセイ から

「要するに、ノイローゼ ー 養老孟司」文春文庫 涼しい脳味噌 から

「爽やかに散歩シーズン開幕 - 東海林さだお」文春文庫 タコの丸かじり から

「具象以前 - 湯川秀樹岩波文庫 日本近代随筆選 から

直木三十五と佛子須磨子 - 林えり子」文春文庫 この結婚 から

「御辞儀 - 團 伊玖磨」朝日新聞社 なおパイプのけむり から

「よい文章とは - 金田一京助 (中2)」文春文庫 教科書でおぼえた名文 から

「公然と陳列した」に当らないとされた事例 - 成瀬幸典」 法学教室 No.448 から

エバーグリーンの思い出 - 赤川次郎新潮文庫 私の本棚 から

「素材四分に人柄六部 - 菅原文太」文春文庫 そばと私 から

「反省なき男の - 中村伸郎」おれのことなら放つといて(ハヤカワ文庫)から

「ボール探しの天才(ハラスのいた日々ー抜粋)-中野孝次」文春文庫

唐招提寺の魅力(抜粋)- 東山魁夷講談社学術文庫 日本の美を求めて から

「 大川の水 - 芥川龍之介岩波文庫 日本近代随筆選 から

「飲む場所(一部抜き書き)-吉田健一」中公文庫 私の食物誌 から

「 青春の日々(一部抜き書き)-植村直己」文春文庫 青春を山にかけて 植村直己 から

「エッセイストの誕生(抜粋)-木村治美」文春文庫 エッセイを書きたいあなたに

「工夫をこらし楽しみながらー橋之口 望」文春文庫 11年版ベスト・エッセイ集

「テンとマル - 丸谷才一集英社文庫 別れの挨拶 から

「エレクトロニックカフェに行った - 川上弘美」中公文庫 あるような ないような から

平井照敏編俳枕 「解説」- 平井照敏河出文庫 平井照敏編 俳枕 から

「ひもじい頃の思い出 - 北杜夫新潮文庫 へそのない本 から

「英語の情緒性、日本語の論理性 - 杉本良夫」ちくま文庫 日本人をやめる方法ー杉本良夫から

三越名人会 - 安藤鶴夫旺文社文庫 巷談本牧亭 安藤鶴夫 から

「俳句旅枕ー渡辺誠一郎」角川俳句平成29年5月号から一部書き抜き(円谷幸吉遺書)

棋聖・名人を語る - 呉清源」日本近代随筆選1 から

「神だのみ - 田中善治」文春文庫 11年版ベスト・エッセイ集 から

横綱だったころ - 小池真理子」中公文庫 「私の酒」から

「はじめに 『芭蕉の旅は秘密だらけだ』- 嵐山光三郎芭蕉の誘惑 から

遠野物語 序 柳田国男新潮文庫 遠野物語 柳田国男 から

「城の崎にて - 志賀直哉岩波文庫 日本近代随筆選 3 から

「文庫解説と怪説 - 椎名誠」文春文庫 ガス燈酒場によろしく から

「日本的商人道徳への違和感 - 中島義道新潮文庫 私の嫌いな10の人びと から

「雪を作る話 - 中谷宇吉郎岩波文庫 日本近代随筆選 1 から

「「地理的概念」にご用心 - 米原万里」 文春文庫 ガセネッタ&シモネッタ から

文学賞についてー村上春樹新潮文庫 職業としての小説家 より

「都市情景 - 谷崎潤一郎」 岩波文庫 日本近代随筆選から

「曲りくねった道(抜粋)-吉村昭」文春文庫 「東京の下町ー吉村昭」から

「ある酒の味 - 遠藤周作」中公文庫 ”私の酒” から

「遍路ー斎藤茂吉岩波文庫“日本近代随筆選”から

「いつかみる風景ー益子参考館?? ー?? 又吉直樹?」?(?朝日新聞Be?掲載?)

「父の死から学んだことー佐藤愛子新潮文庫“こんなふうに死にたい”佐藤愛子著から?

「葬式考ー谷川俊太郎新潮文庫“ひとり暮らし”から

「子規の畫ー夏目漱石」中公文庫“文章読本丸谷才一”中の引用文から

「暗い酒ほど美味いのだーなかにし礼」中公文庫“私の酒”から

「火に追われてー岡本綺堂岩波文庫“日本近代随筆選ー2”から

「職業としての小説家ー村上春樹新潮文庫から“小説家になった頃”の一部を書き取り

「霊を受け入れる柔和質直な心ー美輪明宏新潮文庫“こんなふうに死にたい”佐藤愛子の巻末から

「小園の記ー正岡子規岩波文庫“日本近代随筆選”から

「男の作法巻末解説ー常磐新平」新潮文庫“男の作法ー池波正太郎”から

「つゆのあとさきを読む?(?抜粋?)?ー谷崎潤一郎岩波文庫谷崎潤一郎随筆集”から

「美醜についてー福田恆存」筑摩文庫“私の幸福論”から

「余と万年筆ー夏目漱石岩波文庫漱石紀行文集”から

「一人で飲む酒ー草間時彦」中公文庫“私の酒”から

「批評と悪口についてー三島由紀夫」角川文庫“不道徳教育講座”から

「卒業生へのはなむけの言葉ー中島義道新潮文庫“私の嫌いな10の人びと”から

「ゆとりー谷川俊太郎新潮文庫“ひとり暮らし”から

「マジメも休み休み言えー河合隼雄新潮文庫“こころの処方箋”から

「週刊誌ー池波正太郎新潮文庫“男の作法”から

「酒は飲むべし乱れるべしー石原慎太郎」中公文庫“私の酒”から

「酔う?ー?幸田?文」中公文庫“私の酒”から

「三日間 ー 周東酒日記 ー 河上徹太郎」?? 中公文庫?“私の酒”?から

「酒とドキドキ???江戸川乱歩」???中公文庫?“私の酒”?から

「上ずみの酒???立野信之」???中公文庫?“私の酒”?から

「独り酒???船山馨」???中公文庫?“私の酒”?から

永井荷風 墨東綺譚」?? 30頁?? *?“ぼく”という変換字なしのため便宜“墨”

永井荷風 墨東綺譚」?? 61頁?? *?“ぼく”という変換字なしのため便宜“墨”

飲むか・飲まれるか?里見とん?(?中公文庫「私の酒」から抜粋

福翁自伝』巻末「解題」小泉信三

丸谷『文章読本』第八章イメージと論理、引用名文、堀口大學?「挨拶文」から

丸谷『文章読本』第六章言葉の綾、引用名文、谷崎潤一郎?「陰翳禮讃」から

荷風随筆「雪の日」?(?抜き書き

漱石紀行文集ー小品ー入社の辞 - 夏目漱石