(巻二十六)炎天下イヤホーンに聞く甲子園(住田征夫)

f:id:nprtheeconomistworld:20200615081505j:plain
(巻二十六)炎天下イヤホーンに聞く甲子園(住田征夫)

6月14日日曜日

BBC

 https://www.bbc.co.uk/programmes/p02pc9tn/episodes/downloads

The food delivery revolution
6 Minute English 
Takeaway apps are changing food culture. We talk about it and teach you vocabulary.

6分間英語、今週は出前の話でした。出前専門店という商売も成立していましたから、新しい話ではありません。
出前の浸透で家庭での調理が必要な家事から趣味になるのではないか?と言っている。

散歩と買い物

本日二千四百歩。

午前中、雨の落ちてこないうちに少し歩いた。埋め合わせにエレベーターを使わずに階段を昇った。これからも登りだけは階段にしよう。
長生きしたくて運動をしているのではない。
患って死ぬということは十分あり得る。その場合生きているうちは歩けてトイレに行けて、オムツのお世話になりたくない。死ぬ直前の昏睡状態になれば半分は死んだようなものだからいいが、意識があるうちは這ってもトイレに辿り着いて自分で“したい”。

『当たり前のことの中に
ただごとではない
幸せがある』
(蓮光寺掲示板)

買い物:缶チューハイ仕入れた。本を捲りながらちょっと舐めたい。そして舐めた。

図書館:
システムで小此木啓吾の著作を探したが、“これだ!”と決められず。
心理学関係の随筆は河合隼雄氏と岸田秀氏の作品をチラッとしか読んでいない。何を読んだらよいのか?推薦(随筆)があればよろしくお願いいたします。

顔本:

腎臓摘出手術を受ける方からの投稿があった。死がちらつけば怖いだろう。 そこを生きていくのは大変だ。

私は早いとこ上手に終わるのだけが願いだが、死の怖れを実感したことはまだない。かすった程度だからこんなことが言えるのだ。

願い事-叶えてください。