(巻三十三)三月や道路工事の回り道(金子さと)

(巻三十三)三月や道路工事の回り道(金子さと)

6月25日土曜日

家事は掃除機をかけただけ。暑い。

3時半から散歩に出かけて図書館で角川俳句6月号を借りた。

止せばよいのに、曳舟川を上って駅前まで歩いた。途中の草むらに鳩が暑さを避けて座り込んでいた。(一撮)

駅前まで行ったが、土曜日で飲み屋も混んでいて入る気にならず。結局白鳥のファミマまで戻って焼きうどんで一杯致した。

角川俳句は創刊70年だそうだ。特集号だが、厚いだけで大した工夫はない。

まだ、一回捲っただけですが、書き留めたのは、

出遅れて一人駈け行く祭足袋(原口海人)

転ぶ手の宙をつかめる寒さかな(笹井由紀子)

夢のない夢から覚めて菫かな(三玉一郎)

だけでした。

願い事-電球が切れるが如くで細君より先にお願い致します。怖くない、怖くない。