(巻三十一)農はじめラジオに電池入れ替へて(松倉ゆずる)

f:id:nprtheeconomistworld:20211020073908j:plain

(巻三十一)農はじめラジオに電池入れ替へて(松倉ゆずる)

 

10月19日火曜日

 

ガス温風機、エアコンの暖房温度を25度にセットして試運転を致す。吾部屋にはどちらもなく、空気は清々しい。

借りてきた『文章読本向井敏』を読んでいたら、起承転結の章で「さよならだけが人生だ」という名言の由来に行き当たった。井伏鱒二漢詩「勧酒」を小唄風に訳した名訳だそうで、その絶句の四行目“人生足別離”を“「サヨナラ」ダケガ人生ダ”と訳したものだそうだ。太宰治の言かと思っていたがそうではなかった。ついでにネットで調べるとこの名言が『ポケットに名言を-寺山修司』に採られていると出ていた。早速、図書館ホームページで検索し予約を入れておいた。

さよならのバレンタインのチョコレート(藤原宜子)

午後は西の方の上千葉交通公園へ散歩した。こんな天気なので来園者は見当たらず。機関車を一撮した。帰りにドラッグストアに寄り細々としたものを3600円ほど買う。

BBC

BBC World Service - The Food Chain, The Art of Fermentation

を聴き進む。0812deceptively simple, but magical form of fermentation, 0819brine, 1128chance conversation.を書き留めた。 deceptively simpleには相反する意味があるようで①は、見掛けによらず易しい②は、一見やさしそうだが実は難しい。文脈からすると②の意味で使われているのだろう。

願い事-眠るが如くで叶えてください。コワクナイ、コワクナイ。

(巻三十一)がつくりと暇になる日の永さかな(嵐雪)

f:id:nprtheeconomistworld:20211019074436j:plain

(巻三十一)がつくりと暇になる日の永さかな(嵐雪)

10月18日月曜日

今日は十三夜で後の月で栗名月だが、曇ってきて見られないだろうと言いながら起こしにきた。(拝めました。)

思はざる山より出し後の月(福田甲子雄)

午後からは曇り空となり、散歩にはトレーナーの上にwind-cheaterを羽織った。二丁目の桜通りも桜落葉の盛りだ(一撮)。

本日は三千六百歩で階段は1回でした。

今日の句は「がつくり」だが、

がつくりと抜け初むる歯や秋の風(杉風)

という「がつくり」もある。“がつくり”は元禄の世から生き続けているのか!

BBC

BBC World Service - The Food Chain, The Art of Fermentation

を聴き始めた。

発酵食品の話で、いわゆる漬物が話題の中心である。言葉として書き留めたのは、0032voracious appetite, 0036go to waste, 0156story unfold, 0558a mission in life.

である。

話し手はSandor Katzという方で学者ではないが“好きこそのものの上手なれ”で発酵食品に関して世に知られた方らしい。非常に聞き取りやすい英語を話す方だ。

湯舟に浸かり、布団を掛けた。

願い事-苦しめずに叶えてください。コワクナイ、コワクナイ。長生きはしたくない。

細君が山本文緒さんの逝去を伝えにきた。細君は一時この作家の作品を読んでいたので淋しく思うのだろう。享年58歳で癌だそうだ。OLから人気作家になり、鬱に苦しみ、結婚したり離婚したり、作家に復帰したりと慌ただしい人生だったようだ。苦しんだのだろうか。

(巻三十一)襟巻の紅きをしたり美少年(尾崎紅葉)

f:id:nprtheeconomistworld:20211018073653j:plain

(巻三十一)襟巻の紅きをしたり美少年(尾崎紅葉)

 

10月17日日曜日

 

しとしとと雨の降っている朝である。雨ながら、洗濯を致す。短パンを洗う。乾いたら来年までしまおう。

うつくしや上から下へ秋の雨(上田信治)

昨日は薬を飲み忘れた。今朝は血圧測定を忘れた。どうもよろしくない。色ボケのせいだろう。

山笑ふ思い出せない女優の名(成田淑美)

五十嵐しのぶさん

をネットで調べると御歳67歳のようである。最近の作ではないにしても、あれは50代のお姿だったのだろう?お見事!柳田やよいさんを調べたら2013年に引退とあった。現在の御歳は41歳になるらしい。まだまだと云うときに足を洗われたのだなあ。御幸せに。ここまでやれば、立花瞳さんを調べない訳にはいかない。出演期間は2003~2006年だそうだ。その前は吉原や川崎の高級店でお働きなっていたとの由。その後ことは書いていないが現在のお歳は44歳らしい。御幸せに。

わが色欲いまだ微かに残るころ

渋谷の駅にさしかかりけり(斎藤茂吉)

朝日俳壇:

年寄りの孤独を嘆く句に目が停まる。

投句する我をあはれむ夜長かな(小川弘)

老醜の心は見せじいわし雲(稲垣長)

敬老日はっとするほど寂しけれ(岩田桂)

目には停まるが書き留めず。長生きするからこういうことになるのだ。

もう10年近く前になるのだろうが、

秋の暮生き足りししとも足らずとも(稲垣長)

と詠んでおられた。

夕方散歩。少しは歩こうかと図書館から二丁目桜通り、リハビリ病院、生協、マルミヤ(パン屋)と歩いて、どこかで空のお使い袋を落としたようだ。本日は二千九百歩で階段は1回でした。

BBCはCrowdScience2020Are some soaps

better than others

は聴き進めている。4分から7分までは化学の授業で石鹸作りをしている先生の話でちょっと分かりにくくスキップした。7分から11分までは化学歴史学者の石鹸の起源の話でこれは面白かった。用語としては、0723BCE、かつては紀元前の表記はBCだったが今はBCEのようだ。0934through trial and error。試行錯誤は知っていたが、前置詞はthroughが来るのかと納得。このエピソードも3分の1まで終った。同じ話を聴き続けると飽きる。このエピソードにはまたいつか戻ってくることにして、 明日からは別のエピソードにしよう。

願い事-あっさりと叶えてください。コワクナイ、コワクナイ。長生きは苦痛にちがいない。そもそも生物として生物のなかにいることが厭になった。

生き物は蔓延りたがり黴生える(拙句)

「電報譚 - 丸谷才一」文春文庫腹を抱へる から

f:id:nprtheeconomistworld:20211017101117j:plain

 

「電報譚 - 丸谷才一」文春文庫腹を抱へる から

昔、電報ていふものがあつた。正確を期して言へば、いまでもあることはある。
しかし、電話が普及したせいで、慶弔用にしか使はれなくなつたんですね。慶弔用以外には、大学の入試速報と、それからサラ金の催促に使ふんださうです。後者は、何月何日たしかに催促しましたよといふ證拠になるから内容證明だの、配達證明だのやつたんぢゃ、高くつくのである。やはり、サラ金業者なんてのは、かういふことにかけては頭がいいなあ。
で、電報さかんなりしころ、最も有名な電文は、「〇オクレイサイフミ」といふのでしたね〇とは金の略称である。フミとは手紙である。つまり詳しい事情は手紙で説明するが、とにかく一刻も早く金を送ってくれ、といふ意味であります。何しろ電報は一字いくらですからすこぶる高かったし、濁音は二字分になつたから、かういふ略称が発達したのである。
などと書いてゐると、古老になつたやうな気がする。事実、さうなのかもしれないが。
電報は一八七〇年一月(明治二年十二月)東京-横浜間ではじまつて以来、高度成長のころまで、日本人にとつてすこぶる調法な仕掛けであつた。みんながしきりに利用した。
ところが不思議なことに、電報文学とも称すべき名電文は、すくないと言ふよりもむしろ、ほとんどないのですね。近代の日本人はこれを実用の文字と認識して、〇オクレだの、チチキトクだの、さういふことばかり打つてゐた。電報を風雅と結びつけようとしなかつた。
唯一の例外は、一八七六年(明治九年)神風連[じんぷうれん]の乱のときに藝者の打つた電文であります。熊本の士族二百余人が鎮台司令官種田政明少将、県令安岡良亮[よしすけ]を襲つて殺害した。このとき、政明の、今の言葉で言ふと愛人である日本橋藝者小勝なる者が、暴徒に抵抗して負傷したのですが、東京の父親のところへ急を告げた。その電文にいはく、

ダンナハイケナイ」ワタシハテキズ

これが大変な人気を博しました。当時の花形作家、仮名垣魯文はこれに加筆して、

旦那はいけない、わたしは手傷、代りたいぞえ国のため

といふ都々逸を作り一世を風靡したといふ。
明治の藝者にこんな文才があつたのかと感心したくなりますが、ここのところがちよつとむづかしい。何しろ口語文が成立してゐない時代ですから、小勝は、いつも口ずさんでゐる小唄端唄の調子で書くしかなかつたのでせう。文章は型にはめて書くものなのである。

(巻三十一)なかなかの悪さをしたり源五郎(小島健)

f:id:nprtheeconomistworld:20211017073359j:plain

(巻三十一)なかなかの悪さをしたり源五郎(小島健)

 

10月16日土曜日

 

朝一で設備屋さんが来てくれた。検分して、大家さんに機能していないと報告するとのこと。その後は大家さんの対応次第だが部品などの調達に日数がかかりそうだと話していた。

午前中に生協に行く。味覚の秋と云うが果物が美しい。美しいく美味しそうだ。

柿ひとつひとつ漆器のやうに拭く(中田剛)

柿はいつの頃から平らで四角くなってきたのだろうか?自然に生っている柿は丸みをおびている。物流の観点からは平らで四角い方がロスが少ないから好ましいのだろうが、そう云う経済的な意図で品種改良したのだろうか?

円涼し長方形も亦涼し(高野素十)

柿は買わなかったが、柿の種を買った。

昼食後すぐに図書館へ行き返却と貸出を受ける。皆さんどんな本を予約しているのかと棚を見回し、読んでみようかという本を一撮しておいた。借りた本を捲ってみたが、当たりが多いように思える(生意気)。

本日は三千五百歩で階段は2回でした。

願い事-叶えてください。消えたい。いなくなってしまいたい。コワクナイ、コワクナイ。

柿が美しかったので、蔵書から

『柿 - 團伊玖磨』を読んでみた。

《 翌日から、僕達は晩秋の信州の農村を心ゆくばかり歩いた。そのどこででも、柿が鈴成りだった。柿がこんなに迄美しい眺めになるという事を僕は知らなかった。柿は、朝日にも、昼の陽にも、夕日にも輝いて、僕達が歩いた村々に続いていた。》

こういう風景は今でも見られるのだろうか?

BBCはCrowdScience2020Are some soaps

better than others

は聴き進めている。番組の制作者たちが石鹸を作ろうと材料を揃えたあたりである。0300weigh out量り分ける、0330sodium hydroxide, caustic soda, lye, potash.

0340alkaline, corrosive, safety protocol.

化学物質名だから英語そのものことではないが勉強になる。

勉強してこれから先どうなるということはないが、勉強というものはそもそもが暇潰しだ。

「手焼きせんべい - 林家木久蔵」日本の名随筆別巻68下町から

f:id:nprtheeconomistworld:20211016104456j:plain

 

「手焼きせんべい - 林家木久蔵」日本の名随筆別巻68下町から

いまは亡き私の落語の師匠であった林家彦六は、あいさつの折の手みやげというと、必ず炭火焼きの醤油を二度ぬりした塩せんべい、長方形のずしりとした缶入り二十枚詰めというやつを、大事そうに風呂敷に包んで、親しい人のところへ自分自身が持参して歩き、配っていた。
それは浅草の「ふな屋煎餅」へ特別注文したもので、茶黄色く仕上がり、こげめのついた、たいへん香ばしいせんべいであった。
それをたまに、弟子たちに一枚ずつ、さも大切なもののように、純金の小判か何かをいたわりながら手渡すごとく、それぞれがさし出す手のひらにのせてくれたものだ。
いただいたせんべいを歯でわって、口の中に大きいままほおばれば、醤油のにおい、焼けこげの香りがふわあっと鼻いっぱいに伝わり、それはたしかに下町の路地の味がした。
私が最初についた師匠、のちにガンで亡くなった桂三木助も塩せんべいが好物で、お茶の折は大事にだいしにそれをほおばっていた。歯が悪いから、かむというよりピチャピチャとかけらをしゃぶり、生地からしみ出る醤油の辛さを舌の先で楽しんでいたようだ。桂家の紋入りの缶を、下町人形町甘酒横丁の草加せんべい店であつらえて、何か配りものが要るときは三十缶、五十缶と注文し、弟子たちに手分けさせて、ひいきすじに持たせていた。
塩せんべい、というが、本当は醤油焼きせんべいというべきか。まったくせんべいというお茶受けは、その選んだうるち米と餅米の生地に醤油、そして炭火の焼き加減で、うまい、まずいが決まる。林家彦六の愛したふな屋のせんべいは、固焼きの二度醤油であるから、パリッとかじれば、「どうでい、おらあセンベだよ!」と口の中に迫ってくる。
対する桂三木助せんべいのほうは、醤油もサッと一度の刷毛ぬり、生地もいく分やわらかいし、ところどころ刷毛のぬりあとがせんべいに残っていたり、色も黄色っぽかったりこげ茶だったりして、その変化がいかにも手焼きっぽくて面白かった。
また、草加屋ではせんべいのクズ、焼きそこない、くずきり(かけらのこと)も一袋に詰めて売ってくれるが、これがなかなか楽しいもので、甘辛、ゴマ、唐がらし、のり、シソ等のせんべいのかけらが、あっ、これもある、こんなのも入っていたと、その店のサンプルの集大成ともいえて、店の心意気がよくわかる。

桂三木助という芸名は、先代の長男であり立教大学を卒業して、やはりオヤジと同じ道、落語家を志した鼻のデカイ柳家小きん(柳家小さん師門下)が二つ目から真打に昇進して継ぎ、四代目桂三木助を名乗っている。私たちもと弟子にとっては、師匠の名跡復活ほどうれしいものはないから、私は、先代三木助師匠の未亡人にお祝いをのべにたずねた折、やはり何がいいかとさんざん迷ったあげく、田端にある「味の店」という、うまい手焼きせんべいの詰合せをぶらさげ、祝いをそえて口上をのべたものだ。味の店のせんべいも、かたくなく、やわらかくなく、オツな江戸の菓子なのである。
およそ“せんべいのうまい食べ方木久蔵流”は、加賀金沢の棒茶のアツアツを大きな湯呑みにたっぷりと、初冬であれば、新落花生カラ付き、むろん煎ってあるのを山盛りに器にとり、手でくだいたせんべいと、落花生の実をむいたものと、茶をすすりながら交互に口に運ぶことで、せんべいバリリの落花生(この場合ピーナッツとはいわない)ポリリとかみくだき、また茶を飲んではせんべいと落花生をやっつける。おやつにこんなうまいものはないのではなかろうか......。
桂三木助のところに私が弟子でいた頃、師匠はうまいせんべいを弟子たちにとられまいと、和風の寝室にある枕もとの小型金庫のなかにそれをしまっていた。決して食べものにケチな人だったわけではないが、自分が足を運んでやっと見つけてきた味を、そうした努力をしないでバリバリやってしまいそうな下等食通の連中には、たとえせんべいであっても、わけてやるのはおしかったのだろう。金庫のダイヤルをあわせ、パチンとひらいた金庫の中から、よくうやうやしくせんべいの丸缶を取り出していた。
師匠が金庫からせんべいを取り出す姿はこっけいで、私がその姿を見たりすると、びっくりして、
「おや、そこにいたのかい?仕様がねえなァ、はいよ、手え出しな......誰にも言うなよ」
と一枚、そっと手のひらを出すとその上にのせてくれたものだ。
彦六師もそうだった。やはり大切そうに一人一枚のせんべいをくれるのだ。子供のおやつじゃァあるまいし、五百円札一枚くれたほうがよっぽどいいや、とそのときは思ったりしたが......。
その影響というのかどうなのか、私も噺家になって二十五年になるが、せんべいには目がない。したがってカミさんや子供たちに、足でさがしてきた貴重なせんべいをバリバリと食べられてしまうのがしゃくで、まず食べる分だけをわけて器にとっておき、あとはビニール袋を幾重にもかぶせて湿らぬようにして、そのせんべい袋を家の中あちこちにかくしているのである。
(以下割愛)

 

(巻三十一)月並の句をな恐れそ獺祭忌(だっさいき)(茨木和生)

f:id:nprtheeconomistworld:20211016073714j:plain

f:id:nprtheeconomistworld:20211016073717j:plain

(巻三十一)月並の句をな恐れそ獺祭忌(だっさいき)(茨木和生)

 

10月15日金曜日

 

6時に起こされてウォシュレットの操作盤の電池入れ換えをした。結局電池切れではなくスイッチの不具合らしく修理の手配に入った。彼奴があまりに業者さんにせっつくので不愉快になった。手放せなくなってしまった「日常の快適について」について思う。

顔本を開くとマリさんの誕生日だ!言うまでもないことだが“楽しんでください”と加えた。ベスさんにしろ、マリさんにしろエピキュリアンである。どうみてもエピキュリアンは女性に多いように思う。

生まるれば遂にも死ぬるものにあれば

この世なる間は楽しくをあらな(大伴旅人)

昨日女医先生から「高血圧管理手帳」 (様式=一撮の1) を頂いた。血圧を自分で朝晩測定して記録することになるのだが、今まで使ってきたクリニックで頂いていた手帳(様式= 一撮の2)に比べて、慣れていないためかもしれないが、どうもシックリこない。先ず様式1は朝晩2回測定し平均を出すようになっている。2回測るのはともかく、平均を計算するのが面倒だ。様式2は朝晩1回測定で、その数値で折れ線グラフを引くのである。グラフに警戒範囲が色付けされていて実感として“危ない”ところに近付いたかどうかが分かる。私としては様式2の方がよろしいと思うが、様式1のよい点は7日サイクルで、備考欄が広いので予定表として使える。早速、通院予定日を書き込んだ。

BBCは、 MoneyBox20191016Credit Scores

禁治産や後見人の話になり、最早手に負えないので、

CrowdScience2020Are some soaps

better than others

に切り換えて書き取りをした。take noteしたのは0024in the course ofだ。こういう場面でも使うのか。0137people around the globeと聞こえた。worldではなくてglobeか。0156yummy素敵ということだ。美味いだけではないらし。

0220get grips with真剣に取り組むと云うことらしい。withははじめ聞き取れなかったがネットで調べると用例として get grips withが出ていて、そう云われて聴いてみるとwithがあるように聞こえた。

午後の散歩は白鳥生協のスギ薬局へ洗濯洗剤を買いに行った。本日は三千八百歩で階段は2回でした。

 

願い事-叶えてください。消えてしまいたい。コワクナイ、コワクナイ。

黒板を消してしまえば冬の虹(江崎紀和子)

山代新伍さんが最晩年に特養でインタビュウーを受けたときに“消えてしまいたい”と言ったとか。

 

「日常の快適について - 玉村豊男」日本の名随筆別巻76常識 から