「葬儀学習会!? - 日比野敏」文春文庫 10年版ベスト・エッセイ集 から

f:id:nprtheeconomistworld:20201201082940j:plain

 

「葬儀学習会!? - 日比野敏」文春文庫 10年版ベスト・エッセイ集 から

葬儀学習会に行ってみようかと家内に言われて「エッ?」と思った。お墓の販売や互助会の勧誘などはたまに電話が掛かってくるけど、このごろは葬儀そのものまでもが「営業活動の対象」になっているのかと驚いた。場所は近くの葬儀場なので参加してみた。
参加者は約20名。いろんな場面で女性の方が積極的だけど、今回の参加者は女性の方が多く男性は自分を入れてたったの3名である。学習会はクイズから始まった。
“病院で亡くなりました。病院から「ご遺体搬送の手配をとりましょうか?」と言われてたらどうしますか:①お願いする、②お断りする”。正解はあとになって分かったが②である。葬儀はふつう葬儀社に一括して頼むことが多く、その一括の中に寝台車での遺体搬送も入っているとのこと。病院で搬送をお願いすると、それは病院が契約している葬儀社に頼むことになり、あとで別途地元の葬儀社に一括して頼むと搬送料を重複して払うことになる。
仕事関係や友人などの葬儀に数多く参列してきたが、葬儀のことは分かっているようでいて案外分かっていない。
「一括」という言葉は全てを含んだという意味合いの表現である。近親者の死亡でただでさえうろたえているときに、葬儀社から一括(セット)料金で○○万円と言われたときに、その内訳はどうなっているかを問いただすことは普通だとしないし、また内訳を聞いてこれこれですと言われたとしても、葬儀の全貌を知っていないと、言われた内容がどこまでをカバーしているのか分からない。
説明によれば、葬儀社によって区分けが異なる場合もあるが、葬儀の全費用の内訳は①葬儀施行費用(セット基本料金、別料金)、その他の費用(式場費、火葬費、マイクロバス代)、②料理(通夜振る舞い、精進落とし)、③返礼品、④宗教者へのお礼(お布施、戒名料、読経料)からなっている。葬儀社の言う一括料金は①のセット基本料金だけのことで、その内容は遺体搬送の寝台車、祭壇、納骨器、霊柩車などである。セット基本料金であるので、先ほどの寝台車の費用は病院で運んで貰ったので除いてくれといってもダメなんだそうである。一括と言われてそれで全部だと思っていると、支払う段になってどんどん加算されて驚くことになる。
次の質問は、“親戚の人から「早く火葬場の予約を取らないとダメよ」といわれました。どうしますか:①すぐに火葬場に電話し、空いている時間を押さえる、②何もしない”。葬儀では斎場・火葬場・お寺などの都合がすべて関係してくるのでその間の調整が必要となり、火葬場だけを決めておくとあとで困ることになる。頼んだ葬儀社がそれらの調整も一括して行うので、正解は②であった。
戒名料は○○居士とか××院などで50万円とか100万円などと値段が異なり、お寺の格式によっても異なる。驚いたことには、葬儀の時に地元のお寺で戒名を付けて貰って、あとになって故郷にある先祖の菩提寺に納骨をする場合には、戒名の付け直しをしないと納骨ができないとか......。死んだあとでも戒名が変わったりしたのでは、おちおち眠ってもいられない感じがする。

仏式・神式・キリスト教式などの宗教葬、無宗教葬、家族葬(密葬)、お別れ会(偲ぶ会)などと葬儀形式の簡単な説明があり、住んでいる地域のしきたりと違う形で行う場合には、地域の方々の理解を十分に得て置かないと後々問題になることもあるといわれて、なるほどと思った。いま私が住んでいるところは、市となってはいるが周辺は田園の広がる農村である。先日も近所で宗教葬があり、そのときは隣近所の人々が集まり、葬儀の段取り決め・葬儀の受付・墓地での埋葬などと葬儀全般の役割を皆で分担して行った。隣近所に迷惑を掛けないからいいだろうという考えで、事前に説明もしないで最近はやりの密葬をやると誤解を受けることになる。
死亡したときには直ちに近親者や故人の知人・友人に連絡することになるが、このとき故人の友人・知人などのリストがないと残された者は大変困り、料理の人数の注文などにも支障を来たすので準備が大切とのことであった。
納骨器(骨壺)も見せて貰った。円筒形をしており関東では径が七寸、関西では五寸と違いがあることも初めて知った。
つぎに葬儀場の設備案内があり、通夜を行った場合にはここでは宿泊もできお風呂などの設備も完備しているのには感心した。
学習会は朝の九時から十二時ごろまでの約三時間で、最後はその葬儀場の精進落としを昼飯としての試食である。一番下のランクの料理であったが十分な食べごたえがあった。
主催は生協で、葬儀まで取り扱っていたとは知らなかった。葬儀そのものは生協と提携した葬儀社が実施するので、学習会には葬儀場の関係者も出席しての説明会であった。葬儀内容の全項目が示されていて各項目を個々に決められるので非常に分かりやすい。また事前に登録しておくこともできるとのことである。貰った資料には尊厳死の宣言方法、病名の告知や遺書の書き方などの説明もあった。

現在家内と二人だけの暮らしなので、残された方がジタバタしないためにも準備は早いほうがいいということを今回学習した。しかし、“墓をどこにするかなー、それよりも散骨がいいかな-”、などとたまに考えたりするが、自分の方が後になるという実感がないせいだろうか、学習会からもう一ヶ月たつけれどまだなにもやっていない。
骨壺だけは趣味の陶芸でそのうち作ろうと思っている。

(巻二十七)鷹鳩と化して男もピアスする(漁俊久)

f:id:nprtheeconomistworld:20201201081942j:plain

f:id:nprtheeconomistworld:20201201081945j:plain

f:id:nprtheeconomistworld:20201201081948j:plain

(巻二十七)鷹鳩と化して男もピアスする(漁俊久)

11月30日月曜日

細君は午前中歯医者へ出かけて、私は賞味期限が迫る災害用非常食で昼飯とした。何しろ3月からラーメン屋に入っていないので即席チキンラーメンでも嬉しく美味しく頂ける。早く餃子で熱燗を啜りたい!

午後の散歩は駅前の古本屋まで足を延ばした。古本の入荷はないようで代わり映えしないが猥褻系月刊誌の最新号が種類も豊富で充実している。この筋の雑誌には根強い読者が今も存在しているようだ。

本棚のどこかに悪書大西日(寺井谷子)

さて、ポンパドールで餡パンを買おうかと思ったが、奥の方の食品店でもパンを売っているので覗いてみた。この店にはパスコの餡パンが置いてあった。“北海道あんパン”というのを手に取ってみたところ小ぶりではあるがズッシリ感があったので買ってみた。

駅前から生協に歩き、指示のあった米2キロを買った。ふと菓子パンの棚を覗くと予てより食してみたいと思っていた“ホィップクリームあんパン”が2割引きで出ていたのでこれも買ってみた。これもパスコでした。都合餡パンを三個仕入れた。うち一個は賞味期限を過ぎるが、死ぬことはあるまい。

BBC

All in the mind

What's happened to our mental health in 2020; tools to get through the winter

Claudia Hammond examines the effect Covid-19 is having on the UK's mental health and hears of psychological tools to get through an uncertain winter

https://www.bbc.co.uk/programmes/m000p10y

という番組を聴いてみた。流行り病の影響で心を病む人も殖えているらしい。自殺者の顕著な増加は認められないらしいが、うつ病患者の増加に対する医療体制の確保などの話が前半である。後半、20分過ぎあたりから各人で出来る予防策が紹介され、散歩の効果が述べられていた。“owl walk”(と聞こえる)と云う散歩法があるようで、聴いてみると、漠然と歩くのではなく周囲に関心をもって歩くことのようだ。道端の草花などに気づき愛でる等々を致せと云うことだが、それならばこの一年の間わたくしが杖を引いてきたことである。今日も可憐な草花をみとめて一撮いたした。

ふくろうに聞け快楽のことならば(夏井いつき)

本日は五千五百歩で階段は1回でした。

願い事-叶えてください。餡パンにあたって命を落とすのなら本望でございます。

ホィップクリーム餡パンを食したが餡がメチャクチャ少なく、怪しげなホィプクリームがたっぷり。謳い文句に嘘はないが、もはやこれは餡パンではない。

「嘘つき」とつぶやく間合雪女(宮崎斗士)

「趣味 - 室井滋」福武文庫 ブキミな人びと から

 

f:id:nprtheeconomistworld:20201130083207j:plain

「趣味 - 室井滋」福武文庫 ブキミな人びと から

私は大のタクシー好きです。
お金が無く、仕方なしに駅を目指してトボトボ歩いている時でも、目尻でタクシーを発見してしまうや否や、ついつい路上にかけ出し、映画『グロリア』のG・ローランズ張りに、高々と右手をあげ「よっ、タクシー!」と、叫んでしまっているのです。
これでは日々のタクシー料金だけでも馬鹿にならないのでいっそならと思い免許を取って、車も買ってみたのですが、何故か一向にタクシーに乗る機会は減りません。あの赤い空車ランプを見てしまうと「もったいない!」という気持ちが働き、どうしても遣り過ごすことが出来ず、反射的に手が行ってしまうんですねぇ。「何がもったいないだ!?」と、自分でもすぐに我に返るのですが、日頃の癖というもの、そう簡単には治らないもののようです。
また、しかし、こんなに回数をこなしていると、なかなか面白いキャラクターの運転手さんに出くわしてしまうことも多くて、それがまた、タクシーをやめられない理由の一つでもある訳です。
これは、三年前の秋、私が池袋の東口に向けて個人タクシーに乗ったときのこと。
とてもきりっとした感じの、五十過ぎぐらいの運転手のおじさんが、目白通りにさしかかったあたりで、
「お客さん、この辺って、目白のお不動さんがあるところですよねぇ」
と、話しかけてきました。私は何のことかとただ軽く、「はあ」と受け流していると、「目白不動目黒不動、赤不動、青不動......いやいや、なつかしい。お不動様もよく撮ったなぁ」
と、なにやらしみじみしながら、
「私ねぇ、写真好きで、『毎日グラフ』なんかにも載ったこと、あるんですよ。ハハハ」
と、嬉しそうに写真の話を始めました。
「私は、何か一つのものに興味を持つと、それに集中的に目が行ってしまうんです。お不動様を撮りたいと思うとするでしょう、すると寝てもさめてもお不動様だ。自分で、もう良し!と思えるまで撮らないと気が住まないんですよ。そう、お不動の次は伊豆だったなァ-......」
「そう、伊豆半島です。伊豆の地図を持って自分で歩いて、しらみつぶしに撮った場所を、少しずつ赤エンピツでぬりつぶしてゆくんです。伊豆半島全土が真っ赤になるのに一年半かかったけれど、それでも赤く埋った地図を見て、自分はついに伊豆を制覇したんだと、胸が一杯になったもんですよ。ハハハ、お客さん、伊豆のことなら何でも聞いてください、ハハハハハ。そしてその次は......そうだ手、でしたねぇ」
「手って、人の、......この手ですか?」と私。
「そう、人間の手というものは実に面白い。体のどの部分より動きがあって、表情豊かです。さらに、その表情を生かしてくれるバックの風景とのコンビネーションが、また見ものです。不思議とその手にピタッとくる場所、手がことさら美しく見える場所というものがあるものなんです。
私は、素晴らしい手に出会うと、夢中でシャッターを押し続けました。手は正直ですからねぇ、じ-っと見つめていると、ちっともあきなかったなぁ。
いやいや長いといえばお客さん、実は私にはもっと長く撮り続けたものがあるんです。へへへ、何だと思います。それは、私の娘ですよ。娘が生まれたその日から、私は毎日一枚、必ず娘を撮り続けてきました。同じ場所に坐らせて、一年三百六十五日、一日もかかさずに。お陰様で娘はとても素直ないい子に育ってくれて、写真を撮るのも一度も嫌がったことはありませんでした。
ところがです。娘が十八になる誕生日ぬ、お父さん、私を撮るのは今日を最後にして欲しい、って言われたんです。その時の私のショックと言ったら......」
急に言葉を詰まらせた運転手さんに、私は、
「まあまあ、お嬢さんもあと少し、お嫁に行くまで親孝行なされば良かったのにねぇ」
と、せめてもの慰めを言って、車を降りようとしました。すると、その時ふり返った運転手さんは、目をうるませて私にこう言いました。
「お客さん、やっぱり娘も年頃、好きな男もいるみたいだし、いくら父親とはいっても、毎日毎日裸になり続けるっていうのは、嫌なものだったんでしょうかねぇ。お客さんが娘だったら、どうしますか、やっぱり裸は嫌!?」

 

 

(巻二十七)日盛りの一個の鞄軽からず(八木實)

f:id:nprtheeconomistworld:20201130081933j:plain

(巻二十七)日盛りの一個の鞄軽からず(八木實)

11月29日日曜日

細君が生協に出かけて生鮮物を提げてきた。その買い物のご説明を伺うに、秋刀魚は三陸沖で二尾で298円だそうだ。鹿児島産の黒豚が四割引きだそうだ。鶏肉は青森産で炊き合わせる大根は三浦だそうだが本当にそうなのかね?ピーマンは宮崎産でした。他にはんぺんなどおでん種になる物も買ってきたらしい。行楽地に遊ばずともそこそこ健康で湯気の昇る手料理を戴ける。今日までのところ細やかに幸せであります。

わがくらしいよいよ素なり根深汁(深川正一郎)

散歩:

冬の空でしたが、風はなく歩きやすい午後でございました。とあるお宅の玄関先を通りかかりますと写真の花が可憐に咲いておりました。花の名は分かりませんが紫の花はまことに結構でございます。

閲覧御礼:

昨年7月末にヤフー!からの引っ越して本日で二万回のアクセスを頂きました。わたくしの駄文はさておき、各氏の随筆を御一緒できたことを悦びとしております。

朝日俳壇:

餡パンに明治は生きて文化の日(岡部泉)

仔犬にも一枚着せて冬構(上西左大信)

の二句を書き留めました。

願い事-叶えてください。終わり方がむずかしい。

美しく消ゆるは難し残る雪(徳武邦夫)

「庭の生き物たち - 和田貞男」93年度新鋭随筆家傑作撰から

f:id:nprtheeconomistworld:20201129082622j:plain

 

「庭の生き物たち - 和田貞男」93年度新鋭随筆家傑作撰から

私が現在の場所に移り住んだのは、約三十年前のことである。
東京郊外の私鉄の駅から、歩いて十五分ほどの新興住宅地の中にある。駅付近を過ぎると、我が家までの中間は畑地が主で、民家はまばらにある程度だった。今も大差はないが、マンションなどが増えてきたし、道路の幅も広くなり、舗装されて車の通行量は日増しに増えている。
家の土地は、もとは農地だったもので、初めて下見をしたころは、枯れ草の間に、黒々とした土が見えていて、自然のぬくもりを残していた。
十坪ではあるが、待望の家が建ち、休みの日には、自分の手で生け垣を作ったりもした。後に、ブロック塀にしたが、芝を買ってきて植えたり、植木も増やしていった。
木々も根づいてきて、やっと我が家という実感がわいてきたころ、庭に集まる生き物たちにも目がいくようになった。
ウグイスやシジュウカラ、名も知れぬきれいな小鳥たち。
梅やツバキやサザンカが、その季節の花をつけ、わずかな置き石のある庭に、枝から枝へ、辺りの様子をうかがいながら下りてくる。警戒しながらも、しばらくいい声を聞かせてさっていく。
チョウの仲間もやって来る。アゲハやシジミチョウらしいのも、庭を舞う。家族でガラス越しに、息をころして、しばしば見入った。
ところで、昔から私の嫌いな生き物に、ヘビ、カマキリ、ハチなどがある。
それが、よりによって我が家の庭に、カナヘビと、カマキリが、ご丁寧にも住みついたのである。
暖かくなった庭の芝生のあちこちに、茶褐色をしたしっぽの長いやついるではないか。知識のない私には、トカゲとの区別はつかなかったが、いずれにしても気味が悪い。しかし、子ども達が手に持って遊びながら「カナヘビ」と言っているのを聞いてから、それと知った。
カナヘビよりもずっと後の発見であるが、カマキリが植え込みの中にいたのである。
大きな腹をした胴体は、今にも何かを飲み込んでしまいそうだし、あのちぎれそうな細い首についている三角の頭、相手を見据える二つの目は、どう見ても気持ちが悪い。そして、何よりもあの大きな鎌形の前脚。あれは見ただけで、今にもかっ切られてしまいそうだ。

事実、指などを近くに出そうものなら、鎌を持ち上げて攻撃姿勢をとるから怖い。獲物を待って、じっと動かずにいる姿は、いかにも、どうもうで陰気な雰囲気を持っている。
少し伸びすぎた芝生の中を、跳ねるように走りまわるカナヘビを観察していると、子ども達がおもちゃにして遊ぶ気持ちが理解できてきた。鼻先に指を出しても攻撃的な様子は少しもない。小さな目をくりくりさせ、喉をぷくぷくさせながら、まわりの様子をうかがい、立ち止まりながら移動していくのである。
その翌年だったか、直径五、六ミリの小さな白い卵のようなものが、草の根もとや浅い土の中にあるのを見つけた。何かの木の実でもなさそうだった。予想したとおり、果たして小さなカナヘビが何匹も生まれて、はいまわっているのを見ることができた。
カマキリを発見した後のある年の冬、庭の植え込みの中に、茶色がかった卵のうを見つけ、そして翌年、かなり暖かくなってから、確かに子カマキリが孵化して、たくさんいるのを見つけた。
今年も、その子孫であろう小さな緑色の子カマキリが、何度か家の中まで入り込んで、ソファーやカーテンに止まっていたので、つぶさぬようにそっと指にとめて出してやった。
親から卵が、卵から子が生まれる一連のサイクルを何年か見てくると、この生き物たちに、一種のいとおしさのような感情さえわいてくる。気味悪いなどという思いは消えて、その姿を見つけると、親であれば卵が産めるだろうかと心配し、子であれば無事に大きくなれよと願う。そんなことを心の中でつぶやいている自分に気がついた。
しかし、この夏まで現役で姿を見せていたカマキリは今、冬を迎えて卵のうは一つも見つけることができない。カナヘビに至っては、気がついてみると、もう何年も前から全然見かけることもなくなっていたのである。
退職して、庭のそうじが行き届いたため、虫たちの居場所がなくなってしまったのであろうか。この現象が、単に我が庭の環境変化だけの理由によるものであればよいが......。
美しい小鳥が影をひそめ、大きなカラスが住宅街を超低空で舞い騒ぐだけの街になってほしくない。小さな虫たちの盛衰をみていると、そんなことが胸を過ぎった。

 

(巻二十七)この世にし楽しくあらば来む世には虫に鳥にも我はなりなむ(大伴旅人)

f:id:nprtheeconomistworld:20201129081208j:plain

(巻二十七)この世にし楽しくあらば来む世には虫に鳥にも我はなりなむ(大伴旅人)

11月28日土曜日

毛布など干そうとベランダに出たが風が強く木の幹まで揺れていたので止めた。恐らく風速8メートルは超えているだろうから、これは木枯しだ。

木枯らしにブランコすこし揺れて鳴り気分はつまりゴンドラの唄(相原法則)

故あって、鹿児島県の発生状況を見たら、鹿児島大学クラスターと出ていた。サークルのカラオケではお馬鹿丸出しだ。

『この世にし楽しくあらば来む世には虫に鳥にも我はなりなむ(大伴旅人)』

の如く、お先真っ暗の世の中に出ていくのだからこの四年間しか人生を楽しめる時期はないのだということかな。

ひた走るわが道暗ししんしんと堪[こら]へかねたるわが道くらし(斎藤茂吉)

散歩:

風はあったが晴れてはいたので親水公園沿いを歩いた。本日は四千六百歩で階段は2回でした。

読書:

『「透脱道元(抜書) - 上田三四二新潮文庫 この世この生 から』

という書の興味を覚えたところだけを読んでみた。禅僧の御不浄での作法の項で、以下で始まっている。

《用便の作法は詳細をこえてほとんど煩瑣[はんさ]にわたっている(「正法眼蔵・洗浄」)》

用便のところは後日として、事後の手の洗浄のところをご紹介いたす。

《つぎには手を洗う。初めに灰を使う。さじで灰をすくい、瓦石[がしやく]の上にとり、右手で水をさたたらせ、不浄に触れた左手を洗う。瓦石に左手ん当てて研ぐようにし、灰を三度替えて洗うのである。それから灰のかわりに土を置いて同じように水を点じて三度こすって洗い、その後さらに右手にサイカラ[難漢字] - からたちの実を粉にしたものをとって小桶の水にひたし、ここではじめて両手を揉み合わせて洗う。腕のところまでよく洗うのである。誠をこめて一心に洗うがよい。灰三、土三、サイカラ一である、合わせて七回を適度とする。》

灰を使うところは石鹸に通じるところがあるのでしょうか。

願い事-叶えてください。今ならいい心持ちで逝けそうな気がしないではありません。

WATERFRONT NEWS

f:id:nprtheeconomistworld:20201118120159j:plain

 

WATERFRONT NEWS

 

関税局―通関士試験結果発表 11月27日

Customs Specialist Examination results.

Customs and Tariff Bureau announces the examination passers 2020 exam ,which was carried out Oct 4.

1140 out of 6745 test takers, 16.9%, succeeded.

第54回通関士試験の結果について : 税関 Japan Customs

 

関税局―分類事例集更新11月26日済

Customs and Tariff Bureau (CTB) adds classification ruling examples

CTB has shared classification decisions which could be helpful for understanding actual interpretation and application of HS rules and notes in the form of classification ruling examples, and the latest edition adds Tariff Headings of 2005, 2103, 6301 and 6302.

輸入貨物の品目分類事例 : 税関 Japan Customs

 

国交省―11月の主要建設資材受給動向11月26日済

MLIT shares the demand and supply survey results on major construction materials.

The reports that supply and demand, as well as prices, are stable.    

報道発表資料:11月の主要建設資材の需給動向は均衡<br>~主要建設資材需給・価格動向調査(令和2年11月1日~5日現在)の結果~ - 国土交通省 (mlit.go.jp)

 

国交省―6海港コンテナ取扱量統計9月分 11月25日

Ocean container handling records at 6 major port for September 2020

 

報道発表資料:港湾統計速報(主要6港の外国貿易貨物のコンテナ個数)令和2年9月分 - 国土交通省 (mlit.go.jp)

 

厚労省―勤労統計(確報値)9月分 11月25日

MHWL releases Labor Market (payment) Statistics for September 2020

Ministry of Health Welfare and Labor (MHWL)releases the statistics as under, saying that the payment for full time workers decreased by 1.5% and for part time workers it decreased by 0.2%, and part time worker’s hourly wage rose 3.2% when they are compared with the same month in2019.

【1Pマクロ後】9月確報 (mhlw.go.jp)

 

東京税関―年末年始の通関業務処理体制を案内 11月24日

 

Tokyo Customs announces its year end and New Year holidays clearance operation for sea and air cargo.

Click here

年末年始の通関業務等取扱いのご案内 : 東京税関 Tokyo Customs

There is any inconvenience for air cargo clearance during holidays. For an ocean freight filling during this period, it shall be reported to customs office in advance. Mind the settlements, payments, liquidation and other bank related business to customs during the holidays, the announcement reminds importers of.    

 

植物検疫―オーストラリアの植物検疫情報表更新11月24日
Plant Quarantine updates Australia’s quarantine conditions information
Plant Quarantine office has been collecting information on other countries’ plant quarantine requisites on the stuff concerned. The office disseminates the information on Australia as of November 20, 2020 at the link as under.
オーストラリア:植物防疫所 (maff.go.jp)

 

動物検疫―スウェーデンからの家きん輸入停止 11月24日
Poultry import ban (Sweden)
Animal Quarantine Office announces that poultry from some provinces in Sweden is banned because bird flu has been identified in the region.
スウェーデンからの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置について:農林水産省 (maff.go.jp)