(巻三十)ゆるゆるとゆるゆる蛇に巻かれけり(佐藤文子)

f:id:nprtheeconomistworld:20210728083710j:plain

(巻三十)ゆるゆるとゆるゆる蛇に巻かれけり(佐藤文子)

7月27日火曜日

朝方、毛布を手繰り寄せた。台風は進路を北に取ったとのことだが午前中は風雨ともに強し。

午後、歯医者へ行く。抜かれた!仕方ないか。三割負担で1090円で、他に薬が650円と一安心です。新柏の歯科だとこの他に交通費が千円以上かかった。

午後になり、雨は上がったが風は音を立てている。

台風の仕舞ひの風に雨少し(きくちきみえ)

本日は四千百歩で階段は2回でした。

願い事-叶えてください。

どんな最期になるにせよ昏睡になるまでは金のことを気にしながらの(延命)治療になるのだろう。金の心配の点からもコロリと逝きたい。

「人間臨終愚感 - 山田風太郎徳間書店刊 半身棺桶 から

《 いつごろからか、洪水のように外国旅行するようになった。それでおびただしい外国旅行に関する文章が発表される。

> ふしぎにその中で、言葉に苦労した話を書いたものが少ない。言葉などというのは慣習で、ロンドンでは犬でも英語を解するが、日常英語を使わない日本人が、そんなに自由自在にあちらの人と会話出来るはずがないのに、それらの文章を見ると、日本語以上に、美術を語り、美食を語り、美女と語っているのに驚く。

> 同様に、人の死の偉大さ、悲惨さを語る文章はあっても、入院費や葬式代の苦労を語ったものはまれである。人が死ぬにあたって、死ぬ当人、残された遺族を苦しませる幾つかの要素のうち、金の心配は相当部分を占めると思われるのだが。-

> ただ、珍しく正宗白鳥の場合は、その片鱗が見られる。

> 昭和三十七年、白鳥は膵臓ガンで入院し、2カ月後「一文もないのだから、もう家に帰りたい」といった。老妻が全財産の十七万円の札束を一枚一枚数えて見せると、白鳥は首をふるしぐさで、ゲンコで妻の顔をポンポンとぶったという。

> これを読んで笑う人はまずなかろう。

> それからもう一つ、安藤広重も死ぬときに、「何を申すも金次第。その金というものがないゆえ、われらの存じ寄りなんにもいわず、どうとも勝手次第身の納り、よろしく勘考いたさるべく候」

> という遺書を家族に残している。

> その哀切さにおいて、私はこの遺書を最も身につまされるものとしている。》

(巻三十)ふくろうに聞け快楽のことならば(夏井いつき)

f:id:nprtheeconomistworld:20210727081836j:plain

(巻三十)ふくろうに聞け快楽のことならば(夏井いつき)

なんとなく書き留めてみたが、理解できていません。教えてください。

細君は一人で内科に行き、ついでに牛の肉を買って帰ってきた。鰻の代わりに牛で、その方が嬉しい。夕飯旨し。お店で美味しいもの食べてないから黒毛くらいいいわよね?とのこと。食料品、食材の小売りはウハウハだろう。今日、生協から組合員へのお知らせが来たが5%割引の他に1円の増資をしてくれるそうだ。

区のメルマガが「台風へ備えて」と流してきた。直撃はなさそうだが、さてこれからの丁と半。

台風待つ声いきいきと予報官(片山由美子)

夕方散歩、高校コースを歩く。

本日は四千歩で階段は3回でした。

願い事-叶えてください。生きているのやら、いないのやら?かような事態ももういつでもいいやという時でよかった。

(巻三十)物少し状ながながと歳暮かな(島田雅山)

f:id:nprtheeconomistworld:20210726082202j:plain

(巻三十)物少し状ながながと歳暮かな(島田雅山)

7月25日日曜日

台風が来るとなると買い物と洗濯が忙しくなる。細君は今朝は一人で行ってみると生協へ出かけて、私は洗濯をした。細君は無事に戻り、すぐに洗濯を始めた。

洗濯を三度する日や心太(鈴木ゆみ)

夕方散歩、ついでに生協へ。台風対策でパンを追加で買うことにしたが、6枚切りが売り切れだったので3枚入りを二袋買っておいた。今日は夕方にもかかわらず鶏肉、豚肉が5時過ぎにもある程度並んでいた。

写真は百日紅

道化師に晩年長し百日紅(仁平勝)

本日は二千九百歩で階段は2回でした。

願い事-叶えてください。自分でも知らないうちに消えてしまいたい。

朝日俳壇を読んで、

わが儘な命と暮す暑さかな(小川弘)

を書き留めた。

(巻三十)肉じゃがのほっこり煮えて春嵐(甲斐住子)

f:id:nprtheeconomistworld:20210725082258j:plain

(巻三十)肉じゃがのほっこり煮えて春嵐(甲斐住子)

7月24日土曜日

まだ涼しいうちに昨日品切だった鶏肉を買いに出かけた。鶏肉の棚には200~400グラムの唐揚げ用が並べてあったが、やはりこの生協は生鮮が手薄である。

帰途、足元に蝉を見つける。裏返ってはいないから、一休みなのだろう。

暑いものでうなだれて歩いているのだろう。だから地面の物が目に留まる。

うつむいて歩けば桜盛りなり(野坂昭如)

は好きな句である。

夕方散歩した。本日は四千四百歩で階段は2回でした。

BBCでFoodchain20210408PortionDistributionを聴いていたら美食家快楽主義哲学者としてEpicurusが登場した。美食家としてよりは死生観の方で知ったのでネットで確認してみた。

https://epicurus.today/the-epicurean-attitude-to-death/

この文中に、

On a practical issue, Epicureans, (or those who face the prospect of death with resignation or equanimity), are

more inclined to have their deaths organised.

とある。

願い事-叶えてください。

“death with resignation or equanimity”

達観ということでしょうか?それが願いです。

「平気で夫を見限る女たち(抜書) - 小浜逸郎」死にたくないが、生きたくもない。から 

f:id:nprtheeconomistworld:20210724114334j:plain

 

「平気で夫を見限る女たち(抜書) - 小浜逸郎」死にたくないが、生きたくもない。から 

「遺棄」された男たち

しばらく前に、テレビのドキュメンタリーで、千葉県松戸の築四十五年を迎える団地に千五百人もの中高年男性が独居し、仕事もろくろくないまま毎日を呆然と過ごしている有様が放映されたことがある。(NHKスペシャル『ひとり団地の一室で』二〇〇五年九月放映)
年齢層の中心は、四十代から六十代前半。家賃が安いので、吹き溜まりのように集まってきたものと思われる。失職し、妻や子どもたちにも逃げられてしまったのだろう。
要するに、一種の「遺棄」された男性群である。ホームレス寸前といっても過言ではない。
この男性群を何とかしようと古くからの住民が自治会を中心に、孤独死予防センターを設置し、いろいろなはたらきかけを行っている。興味深い(といっては不謹慎だが)のは、スタッフたちの年齢が、当の男性群よりも高く、七十代以上だということである。
ある男性は、家中をゴミの山にして足の踏み場もないようにしているので、お婆さんがゴミ片づけにやってくる。
別の男性は求職活動のためか生活保護障害年金の給付を受けるためかで公的機関を訪れのに、わざわざお爺さんに付き添ってもらっている。
また別の男性は、ひきこもったきりで孤独死の心配があるので、新聞がたまっていたりすると、「何々さん、大丈夫ですか!」と年長世代の人たちに外からドアを叩かれる。
予防センターでは、彼らを社会に少しでも復帰させるための相談窓口を設置している。長く続いた不況という社会背景を考えれば、それ自体はさほど衝撃的な光景とは言えないかもしれない。昔なら、山谷や釜ケ崎のような地区は全国の大都市にごろごろしていたし、ホームレスはいまでも山ほどいる。低所得階層が安価な賃貸住宅に集中したというのは、自然の成り行きとも言える。

 

五十、六十は「まだまだ若い」?

ただ、よくも悪しくも映像の力は強い。この番組がもたらしたインパクトは、大きく言って三つある。
一つは、一般に、現在の五十代から六十代の男性は、それより年長の世代に比べてかなりきつい目に遭っているのではないかという点だ。
年長の世代は、よく言われるように、終身雇用、年功序列の企業慣行にうまく乗り合わせて、かなりの退職金や年金を手にすることができた世代である。つまり彼らは、経済的な意味では、比較的うまく「老後」の設計を立てることが許されたのだ。
しかしリストラの波をもろにかぶった五十代から六十代は、一度その憂き目に遭うと、なかなか社会的な復帰が難しい局面に立たされている。団塊世代の人口の厚さも手伝ってか、思うような就職口が見つからない。福祉の恩恵にあずかろうてすれば、「あなたはまだまだ若いのだから自力で働き口を見つけて更生しなさい」と冷たい扱いを受けてしまう。
この事態は、まさに人生八十年時代になったからこそだと言える。本当に「まだまだ若い」のか?体はけっこうガタがきているというのに。
もう一つは、「逆縁」ではないが、老人世代に中高年世代が「ケア」をしてもらっているという奇妙さだ。こういう現象は、かつてあまり考えられなかったのではないか。そして、これからは、いくらでもこうしたことが見られるようになる可能性が高い。
たとえば、六十歳になって脳梗塞で倒れた息子の面倒を、八十五歳の母親がみる。失職したり妻に離縁されたりした五十五歳のオヤジが、落ち込んでひきこもり、そこそこ財産のある父親の世話になる。ぶらぶらして無為に過ごす不良中高年が増える。そんな光景があちこちで観察されるようになるかもしれない。

 


オヤジ三人の道連れ心中

さらにもう一つは、いわゆる「女子ども」が、さえないふつうの中高年男性をにべもなく見限る可能性がある。いったい、この番組に現れた男性群の妻たちは、どこへ行ったというのだ!?
もう何年も前の話になるが、事業に失敗した中小企業の社長が三人揃ってラブホテルで自殺した事件があった。いい年をしたオヤジが道連れ心中をしたという話は、それまであまり聞いたことがなかったので、けっこうショックだった。
私がそのとき考えたのは、経済的な困窮状態が心中死を招くという場合、もっと昔だったら家族単位で行われたのに、いまではそうならないのかということだった。
貧困からの親子心中や一家心中は、大正から昭和の初期にかけて隆盛した。戦後もけっこうあったゆうだが、高度成長以降は、ほとんど聞かなくなった。バブル崩壊以後の不景気の期間でも、経済的な困難を理由に家族がまとまって心中するという事件はあまりみられなくなってしまった。
さて、このことがかなりの確度をもって言えるとして、ここには、中高年女性の家族意識の変化が読みとれないだろうか。熟年離婚が増えていることからも想像できるように、多くの女性は、甲斐性のない配偶者をわりあい簡単に見限るようになってきているのだと思われる。
熟年離婚の場合、女性が経済力を身につけたことが大きな要因の一つとなっているだろう。しかし変化は経済的な側面にとどまらない。ここで注目したいのは、現実的な破綻にまで至らないケースである。中高年男性が仕事で失敗して困り果てたとき、それにどこまでも連れ添う気持ちが女性のなかで希薄になっている。たとえ離婚しなくても、女性は長年連れ添った配偶者を心理的にやすやすと見捨てていることが多いのではないか。

無意識の復讐

私と同年輩の知人(彼は仕事に失敗したわけではない)で、専業主婦の奥さんがバイオリン教室に通い、それが高じて、本場で修練を積むために教室ぐるみでウィーンに何ヵ月か滞在した人がいる。知人は、仕方なくそれを認めた。ところが、帰国してからも、それまで何となくあった夫婦の距離は埋まらず、奥さんは、息子さん夫婦に孫ができたのをきっかけに、そちらの家に入り浸ってしまったという。知人は、自分たちの長い履歴はそんなに簡単に清算できるものなのかと悩んでいる。
先に挙げた、男同士で自殺してしまうというのはあくまで特異例だろう。しかし、中高年男性の自殺が増えている事実と、一家心中がみられなくなった事実とを付き合わせてみるとき、そこに、中高年女性が家族一体感を希薄化させているという傾向が浮かび上がってくる。
男が仕事がらみで死ぬか生きるかの瀬戸際に立たされても、いまどきの妻はどうも、「死ぬなら家族みんなで一緒に死のう」とか、「あなたがそんな窮地に立たされているなら私が何とか支えるからどうか死なないでちょうだい」などとは発想しないようである。
そんなこと、いまごろ気づいたの、とフェミニストの女性などからからかわれそうである。
しかし、女性の見限り意識は、男性の側の無意識の反転した鏡でもある。おそらく、家族メンバーの意識と無意識における個人主義的な傾向は、男女を問わず、もうずいぶん前から進んでいるのだ。その心理的な現実をまずお互いが認め合わないと、相手に対する期待感情は空を切ってしまうだろう。
それにしても夫を見捨てた中高年の妻たちはどこへ行ってしまったのか。
平均像として思い浮かぶ確からしい線は、別にその多くが男に走ったわけではないし、夫と同じように自殺したりひきこもったり酒に溺れて困り果てたりしているのではないということである。
(以下割愛)

 

 

(巻三十)輸出する和物の絵付梅匂ふ(稲垣光子)

f:id:nprtheeconomistworld:20210724081922j:plain

(巻三十)輸出する和物の絵付梅匂ふ(稲垣光子)

7月23日金曜日

扇風機をつけて寝た。タイマーを二時間にセットしたので夜中には切れているが、それでも何か体調が良くない。幸い部屋にエアコンはない。

寝具のカバーやシーツが終わり、カーテンの洗濯が始まった。4部屋16枚のうちのリビングの2枚からである。10時に干して12時半に取り込めた。他に自分の洗濯も致した。

身の丈のカーテンを引く世紀末(攝津幸彦)

夕方散歩に出かけて空蝉を見とめて一撮した。とにかく飛び立ったようで御同慶。

しがみつく力やのこす蝉のから(此筋)

散歩のついでに生協で鶏肉を買わんとするが、5時過ぎの時点で肉は殆ど売り切れだ!いつもそうなのか?連休だからか?

本日は三千八百歩で階段は2回でした。

願い事-叶えてください。しがみつくことなくあっけない幕と致したい。(希望で願い)

「歯歯歯歯歯歯 - 富士正晴」日本の名随筆22笑 から

「歯歯歯歯歯歯 - 富士正晴」日本の名随筆22笑 から

片仮名でかくと、ハハハハハとなり、笑っているみたいだが、たしかに、自分の歯のことを笑っているのである。はなはだ面白い。
上顎の方には、歯が一本と、歯の根が一つ残っている。歯の根というのは、その先が虫歯になってボロボロにくだけて行き、根だけが残っているというわけで、こちらのつもりでは、根も浮き上がって来て、なくなるというわけだったが、相手は執念深くて、がっしり上顎に埋もっていて浮き上がらぬ。それを抜くのは歯医者のお世話にならねばならぬし、それを抜いてしまわねば、歯ぐきの肉がその場所に遠慮して、蔽[おお]ってしまってはくれぬ。歯ぐきを蔽いつくしてくれた肉を自然にきたえて、空手できたえた指のごとく固くし、下顎に残っている歯と協力して、コウコバリバリとやってやろうと思っているのに、そのさまたげになる。
その上、一本だけ残っている上の歯が、一本でも残っておれば、それだけ役に立つだろうと、素人は思うかも知れないが、これがかえって、残っているために邪魔になるということは、その持ち主の本人であるわたしだけしか判らない。この一本がなくなれば、コウコバリバリに一本近づけるということがわたしには判っている。
上の歯が一冊本を書き下ろすたびに、一本ずつ浮き上がり、抜け、その次の一冊の時、その隣の一本が抜けるという風な数年間、歯の噛み合わせが次々と別のところへ移るのが、面白かった気がするが、噛み合わせがあるうちは、大豆のいったのはもう噛みにくくはなりかけてはいたが、何とか噛んだし、飴玉もかみわったりしていた。
しかし、上が一本になり、噛み合わせがほぼ心細くなった今、どんな菜が食えるか考えてみると、高野豆腐、豆腐、さしみ(ただしいかは困る)、いか・たこの煮たの、焼き魚、煮魚、すきやきの肉、米飯、卵、うどん、そば(少し噛み切りにくいが)といったところが出てくる。食いにくいのは、野菜(生でも、煮たのでも噛み切りにくいのは、おどろくほどだ)、するめ、いり豆、冷えた米飯、おこわ、餅、干鱈、いかの刺し身、たこの刺し身、柿やりんごやなしの果物、浅草のり、とこう並べ立てて行くと際限がないことになる。
上一本の歯があることが却ってさまたげになると感じてくると、それが判るのか、上一本はガッシリと歯ぐきの中につっ立っていて、ゆらぎそうにもない。歯医者の世話にならなくては、これから一年や二年で抜け落ちそうにもない。悪意に満ちてがんばっていやがると、むしろ感心しそうにさえなる。
こう書いていると、まるで抜け歯太平記とでもいった面影があるが、そう楽しいことではない。総入れ歯を入れては徳川時代のじいさん、ばあさんに相済まぬ気がして、意地張って抵抗しているだけ、意地張って楽しがっているだけという風情であるにすぎない。
歯槽膿漏になって、顔がひんまがり、痛みがつづいて眠れそうにもないことがあったが、ムチャクチャ人間のわたしはそのような時、ウイスキーをガブのみして、がたんと眠ってしまったりする。次の日、ますます痛みがはげしかろうと、おそるおそる起きると、歯はぶらぶらになっており、顔のひんまがりはうそのように直っていた。
しかし、ぶらぶらとしている歯には、それが肉からはなれるまでの数日、食物があたり、下の歯があたる痛さに悩まされつづけるというわけだ。
ハハハハハ、歯歯歯歯歯。