(巻三十三)貌のなきマネキンに乗せ冬帽子(瀬戸柚月)

(巻三十三)貌のなきマネキンに乗せ冬帽子(瀬戸柚月)

6月28日火曜日

細君は月詣りに出かけた。信心の対象には神様仏様お金様から鰯の頭といろいろあるが、わたしゃお狐さまにしておこう。

出かけたあと心清しく中勘助の随筆『独り碁』をひもとく。

《昭和三十三年十二月、家のない私は三十前後のころ谷中の真如院という寺に化寓[かぐう]していた。そのじぶん上野公園から谷中の墓地へかけては何千本という杉の老木が空をついて群立[むらだ]ち、そのほかにも椎、樫、もち、肉桂[につけい]などの古い闊葉樹[かつようじゆ]が到る処繁ってたので、昼でも薄暗くしんめりとしていかにも私向きのところだった。それに真如院をはじめその辺一帯に集まってる寛永寺の末寺はほとんど墓地をもっていないためお詣りや葬式がなくすっきりと閑寂を極めていた。真如院も紀州家の位牌を預ってるだけゆえ盆暮?に僅の時間参詣があるだけ、住職の人は大師堂へ詰めきりでたまに帰るだけだし、小坊さんは学校へゆくし、あとは寺男の爺やと私だけになる。》

と始まる。あの辺りもそんな雰囲気だったのか。機会があったら歩いてみよう。

11時前に崎陽軒の焼売と母の誕生日とかでアガパンサスとレースフラワーを買って帰ってきた。義母は紫の花が好きだった。焼売はすぐに売り切れるとかで、買えてよかったよかったと云っている。帰ってくるとすぐにラジオをつけるので厭になる。

3時半過ぎに散歩を兼ねてアリオのヨーカ堂へTシャツを探しに出かけた。丁度亀青小の下校時らしく酷暑の中をダラダラと歩いている児童を所々に見かけた。

アリオのヨーカ堂で綿のポケット付きのTシャツを探したが、無い。気に入らぬ物を買っても無駄にするだけだから何も買わずに出た。上島珈琲が閉店していた。客は入っていたから、家賃が高いのか? 

アリオから駅前まで歩き、マルナカ商店で一息入れた。今日はハム、牡蠣、鶏レバのコンビネーションで白を2杯頂いて1600円くらいだった。フォアグラ擬きと自称している鶏レバは旨かった。5時までハッピー・アワーで白が380円だが、5時からは480円になるらしい。今日はカウンターに座ったが、テレビの死角になるから不快感が減る。

帰りはバスにした。

今日は都住3のサンちゃんには行き帰りに2度お会いして3袋あげた。サンちゃんは引っ掻かくので油断してはいけない。フジちゃんは2回とも現れず。 

願い事-電球が切れるが如くで細君より先にお願い致します。怖くない、怖くない。

One day you will be at the place where you always wanted to be.

それは分かっていますがhow immediately, how swiftly, how painlessly and how economicallyかが問題なのだ。  

(巻三十三)説明書読めど蛙の目借時(大曲富士夫)

(巻三十三)説明書読めど蛙の目借時(大曲富士夫)

6月27日月曜日

朝、細君が妹に電話したら、なんと都内のホテルに何とか割を使って娘と投宿中とか。姉妹といっても性格が全然違う。金は貯めるものと思っている姉と金は遣うものと思っている妹か。「姉の方にしておいてよかった。」と申すと「そうでしょ。」と返ってきた。若い頃、親父が酒呑みのところの長女をもらえなどと聞いたことがある。親父が酒呑みのではなかったようで、そちらには全く理解がない。

午後は3時半ころから床屋に出かけ、そのあと“しまむら”にTシャツを買いに回ったが胸ポケットのついたTシャツがなく買わずに退散。都住2で花子と猫婆さんに会う。都住3ではサンちゃんとフジちゃんに挨拶。フジちゃんが触れるところまできた。でも触ると引っ掻かれるからやめておいた。

願い事-電球が切れるが如くで細君より先にお願い致します。怖くない、怖くない。

Be happy. You don't know how much time you have left.

(巻三十三)明暗を分けて地震あと冴返る(石橋みどり)

(巻三十三)明暗を分けて地震あと冴返る(石橋みどり)

 

6月26日日曜日

昨日は、散歩に出て焼きうどんを食べ、散歩から戻って鶯パンを食べ、三食もしっかり食べたので夜になって腹がもたれた。少し苦しいので早々に寝たが、この不快な暑さのなかでも朝まで眠ることができた。腹一杯食べて快眠とは、なんとありがたいことか。

起きてミカンの鉢に水を遣る。今日も暑くなりそうなので水を多目に遣った。9時前だが葛飾野高校のグラウンドからは野球部らしき声が聞こえてきた。        

家事は洗濯。三日分を洗えるので頻度が減った。脱水の音が前の機種より大きいが、うるさいというほどではない。下着3枚Tシャツ6枚パジャマ上下、パンツ3枚タオル3枚バスタオル1枚床タオル1枚を干す。陽は射し、そよと風は吹き、洗濯物はよく乾く。

さらに夏布団と毛布も干す。

俳壇を届けてくれた。

入寂の景もかくやと大夕焼(岸田健)

を書き留めた。

そよ風と記したが、強風注意報が出ているらしい。

午後の散歩は3時半からにした。図書館からの時計回りで都住3、都住2、生協と短いコースを歩いて路酎はなし。猫さまは、都住3でサンちゃんとフジちゃん、都住2では猫婆さんとベンチで涼んでいた花子。猫婆さんも三毛猫の御龍さんのことは知っていて、前の公園にいたのが、雪の日に寒さに耐えかねて都住2の1号棟に逃げ込んだのだそうだ。今は1号棟のお姉さんとボランティアさんが目配りしているとのことだ。花子にも物語はある。猫婆さんが語るに、花子は猫婆さんのお姉さんが可愛がっていた猫なのだが、そのお姉さんが亡くなるときに猫婆さんに涙ながらに花子の面倒を頼んだそうだ。猫婆さんは元々猫婆さんではなかったのだが、やむなく引き取って暮らしているうちに猫婆さんになったという。

野良から飼い猫になるのは楽だろうが、飼い猫から野良になるのは辛かろう。

足袋つぐやノラともならず教師妻(杉田久女)

昨日は食べ過ぎてフウフウ云ったが、今日は気を付けた。

願い事-電球が切れるが如くで細君より先にお願い致します。

今週はBumper WeekでBBCの聴きたくなる番組が以下の通りあった。

BBC World Service - CrowdScience, Can we get better at accepting death?

BBC Radio 4 - Money Box, Let’s Get Physical

BBC Radio 4 - All in the Mind, The Psychology of Regret

BBC Radio 4 - All in the Mind, Gardening and mental health

BBC Radio 4 - The Bottom Line, The price of bread

殊に最初の

BBC World Service - CrowdScience, Can we get better at accepting death?

は死を受け容れてしまうことによる安らぎ、心身に対しての緩和医療の必要性などが内容で関心事だ。歳を取るほど死に対する怖れは薄れるそうだ。死の恐怖から逃れるにもExposure Therapy暴露療法がよいとのことで、犬が怖い人に犬の写真を見せることから始めて慣らしていくのと同じことらしい。葬儀社に行ったり、火葬場を見たり、遺書をしたためるのなんかもこの暴露療法の一つらしい。

老臭は死臭の希釈みづからに嗅ぎつつ慣れむ死にあらかじめ(高橋睦郎)

緩和医療を受けて死に至るのは全体の14%だそうだが、ポックリが叶わなければ安楽死、それも叶わなければその14%に入りたいなあ。

群れて生き群れて干さるる目刺かな(石井いさお)

目刺ではなく煮干しだが、これに無数の死を見るな。かわりはない。

Advice sought after

 

A bookshop in Ario Kameari Shopping Mall is under renovation to start its business in this summer. An opening of a bookshop is a pleasant surprise!

 

Advice sought after:

I listen to and dictate BBC programs (podcasts) to deter and delay dementia. And oftentimes I come to words and phrases which I cannot catch. It would be appreciated if you can tell me what they are saying and also correct my incorrect catching in the attempted transcript.

Thanks in advance.

 

BBC Money Box Credit Score
https://www.bbc.co.uk/programmes/m0009cdz

0055
What is a credit score?
0058
A credit score is basically a number that is attached to you. That will give lenders an idea how good or bad risk you are. That is a simple answer. A slightly more complicated answer is, in the U.K. we don't have one number. In the U.S. you do, but different credit reference agencies and indeed different lenders may come up with the different ways of scoring you.
0118
And sometimes scores and credit reports are spoken about ???(1)??? same things but not so. What's the difference?
0124
Yeh, often credit score, credit rating, credit report are used interchangeably. But, so the score and rating are indications of how good or bad risk a particular lender may see you as, and your credit report is a snapshot ???(2)??? credit file. Now that is really a gathering of lot of information about you, everything from where you live, where you lived previously through to ???(3)??? everything declared bankrupt, what sort of kind loans and credit you have now and how you manage to repay them. And the score takes that information and comes up with ???(4)??? how good you are financially.
0159
So report is almost like a financial C.V.
0201
Yes, your report is financial passport, C.V. or ???(5)??? that usually gives the lender how you are seen by prospective lender and credit providers.
0212

(巻三十三)三月や道路工事の回り道(金子さと)

(巻三十三)三月や道路工事の回り道(金子さと)

6月25日土曜日

家事は掃除機をかけただけ。暑い。

3時半から散歩に出かけて図書館で角川俳句6月号を借りた。

止せばよいのに、曳舟川を上って駅前まで歩いた。途中の草むらに鳩が暑さを避けて座り込んでいた。(一撮)

駅前まで行ったが、土曜日で飲み屋も混んでいて入る気にならず。結局白鳥のファミマまで戻って焼きうどんで一杯致した。

角川俳句は創刊70年だそうだ。特集号だが、厚いだけで大した工夫はない。

まだ、一回捲っただけですが、書き留めたのは、

出遅れて一人駈け行く祭足袋(原口海人)

転ぶ手の宙をつかめる寒さかな(笹井由紀子)

夢のない夢から覚めて菫かな(三玉一郎)

だけでした。

願い事-電球が切れるが如くで細君より先にお願い致します。怖くない、怖くない。

「役割分担 - いかりや長介」新潮文庫 だめだこりゃ から

 

「役割分担 - いかりや長介新潮文庫 だめだこりゃ から

おかしなもので、「これぞドリフの笑い」という核を最初につくったのは、ちびでピアノの弾けないピアニストを入れてしまったと私が後悔した男、荒井注だった。それも、きっかけは彼がろくにピアノを弾けないことに発しているのだから、世の中わからない。
私が客席からリクエストを受ける。
「あの局ですね、わかりました。仲本君、どう?高木君、どう?」で、最後に「荒井君、どう?」。荒井は「ハーッ」と大きくため息をついて、リクエストした客を睨んだり、歯ぎしりしたり。  
私が荒井をいじめるネタもあった。小ネタでは「ピアノの(髪が)ウスイ君」「ハゲ注」とか呼んだこともあった。
印象的なネタがある。メンバーの四人を並べて私が、「音楽のリズムには強弱がある。身をもって覚えておかねばならない」などと言って、「これがワルツのリズムだ」とメンバーの頭を“強・弱・弱”と叩く。その“強”のところに荒井がいる。荒井は怒って四人の並びを入れかえる。そこで私が「これがタンゴのリズム」「これがドドンパ」と曲調を変えて、必ず“強”のところが荒井に当たるようにする。常に荒井は強くひっぱたかれるのだ。その殴られたあとのリアクションが抜群にうまかった。いくら叩かれても湿った空気にならない独特のキャラクターだった。天才といってもいいすぎではない。
薄い髪をかきあげて、
「なんだ馬鹿野郎」
「なんか言ったか」
「いや、何も」
なんて。

この荒井がウケはじめた。いじめられては反抗する、「全員集合」での荒井のキャラクターがもうできあがり始めていた。メンバーがキャラクターの出し合いをしたときに、一番早く色を打ち出したのは荒井だったのだ。しかも人徳というか何というか、一番生意気そうな顔をしているから、いじめても、残酷に見えない。
荒井の役回りができたことで、自然と私がいじめ役、いわば「権力者」という役回りになった。加藤は受けが巧く、ふてぶてしい荒井よりは可愛らしく見える。そうだ、あいつも荒井とは別タイプのいじめられ役にしよう。
こうしてドリフの笑いの構図が出来上がっていった。私という強い「権力者」がいて、残りの四人が弱者で、私に対してそれぞれ不満を持っている、という人間関係での笑いだ。嫌われ者の私、反抗的な荒井、私に怒られまいとピリピリする加藤、ボーッとしている高木、何を考えてるんだかワカンナイ仲本。メンバー五人のこの位置関係を作り上げたら、あとのネタ作りは楽になった。
常に命令権、主導権を持つ私がいて、ひたすら加藤を可哀想に見せるための場面を作っていく。他の連中も加藤に救いの手は出さない。荒井は私の命令にシカトして、早くその場から逃げたいだけ。仲本はすべて「いかりやさんの言う通りです」。ブーに何か言うと、荒井が「ブーにそんな難しいこと聞くなよ」。かくして加藤だけがいじめられていく。この加藤のいじめられ役がウケた。
私の先生と加藤の生徒、私の課長と加藤のヒラ、私の大家と加藤の店子、私のコンバット隊長と加藤の部下……。私にいびられる加藤は本当に可哀想で、観客の同情を買った。私に何とか一矢[いつし]を報いようとする姿はけなげで共感を呼んだ。見た目も、メンバー中抜きんでてガタイが大きい私に対し、小柄な加藤はかないっこない印象を与える。ますます加藤への声援は高まった。加藤も期待に応えて、体を張って大いに奮戦していた。ギャグが弱いときでも、加藤が私に一矢報いたりすると大ウケにウケた。
ドリフの笑いの成功は、ギャグが独創的であったわけでもなんでもなくて、このメンバーの位置関係を作ったことにあるとおもう。もし、この位置関係がなければ、早々にネタ切れになっていただろう。そして、先走って結論を言うようだが、荒井が抜けたとき、ドリフの笑いの前半は終わったという気がする。メンバーの個性に倚[よ]りかかった位置関係の笑いだから、荒井の位置に志村けんを入れたからといって、そのままの形で続行できるものではなかった。志村自身も荒井の役を継ごうとはおもっていなかっただろうし。だから志村加入以後は、人間関係上のコントというより、ギャグの連発、ギャグの串刺しになっていった。
それはまだ先の話だ。話を戻そう。
この頃のある晩、たまたま乗ったタクシーの運転手がおりぎわに言った。
「長さん、あんまりカトちゃんをいじめないでよ」
私は、やった!狙い通りだ!と心の中で快哉[かいさい]を叫んでいた。

 

 

(巻三十三)早過ぎず遅過ぎず着く大試験(岩井平八郎)

(巻三十三)早過ぎず遅過ぎず着く大試験(岩井平八郎)

 

6月24日金曜日

細君は生協に出かけ、化粧品屋に寄って帰ってきた。

南風や化粧に洩れし耳の下(日野草城)

午後から強い南風が吹き出して気温は30度を超えた。

散歩は4時からにした。昨日結構歩いたので今日は時計回りで近場を歩いた。都住1に猫不在。都住3ではサンちゃんとフジちゃんが健在。今日はフジちゃんが遠巻きにしていた。都住2には太郎ちゃんがいたが、お食事が済んでいるので駆け寄ってはこない。

立葵が開きはじめ、エレベーター前には緑色の虫がいた。

顔本の独酌倶楽部を覗いているが、金曜日は1週間が終った、呑むぞ~と大体は明るい。

が、

《明るいけど納得いかないことがあるから飲みます。旦那が元妻の母親の通夜に行くらしい。私の母親の時に来なかったくせに。》

とか、

《50を目前にして上手く行かない転職活動。もう1年近くになるか?

諸条件、ワガママなのかなぁ…。

色々助けられた人生、色々助ける仕事したいのよねぇ~。

でも…人生後半戦、納得行かない仕事でウジウジ下向いて生きたくないなぁ…とか。

言うても生活あるから安すぎる仕事は出来ないですよ、とか。

それもまた~人生ぃ~

さて、呑みながら作戦会議じゃ。w

カツオの塩たたき、めっちゃ馬。

乾杯~!!》

なんてのもある。

コメントもいいねも沢山あってこのグループは活発だ。

女子の独酌はやはりアテに手が込んでいる。男子にも乙メンがいて、スゲ~っていう皿を並べている。

願い事-電球が切れるが如くで細君より先にお願い致します。怖くない、怖くない。

No man can have a peaceful life who thinks too much about lengthening it.

~Seneca

だそうだ

早過ぎず遅過ぎず着く大試験(岩井平八郎)

もう“早過ぎ”という歳ではないな。