「幸福 - 筒井康隆」講談社文庫 創作の極意と掟 から

f:id:nprtheeconomistworld:20200217084659j:plain


「幸福 - 筒井康隆講談社文庫 創作の極意と掟 から

小説家に不幸などあるのだろうか。小説家の言う自分の不幸はそれ自身が贅沢である。小説家になりたくて苦しんでいた昔日の初心を忘れて不幸を誇大に感じ、それに悩んだり、時には書いたりする慢心は小説家の品格にかかわる脳内物質の異常分泌だ。などと書きながら小生だって作家生活の日常にかかわるちょっとした不具合を面白おかしく書いたことがある。いや。書いた筈である。おそらく書いたたろう。あっ書いています。書きました。だが書いたとしてもそれはささやかな不満であって、作家として生活していることへの遠回しの自慢であったり、作家志望の人たちへの遠回しの顧慮であったり、編集者への遠回しの牽制であったりする。今すぐ作家になれていたらどんなに嬉しいだろう、作品をなかなか雑誌に載せてもらえず、作家として生きていける日を熱望して悶悶としていたあの何年間かの時代を思い出せば、今現在作家として認められている幸福は何ものにも換え難いものがある筈で、その証拠にはある朝目醒めたら無名の昔に戻っていたなどの悪夢を想像し慄然とすればわかる筈だ。
いったい小説家の不幸にはどんなものがあるのか。ニュースを着想に利用しようとして本質が見えなくなる。ファンと称する莫迦[ばか]から手紙や電話がくる。執筆活動のため社会と疎遠になる。自分の名を知らぬ人間が腹立たしい。作品世界にのめりこんで自分の人生が犠牲になる。「三文文士」「もの書き風情」などと言われる。ろくな批評が出ない。金銭に?淡としている態度を示さねばならず、だから安い原稿料を支払われ、講演料も安く、文句を言えば金に汚い先生と言われる。読んでくれと素人の原稿が送られてくる。理解者が少ない。のっけから共産主義者だと思われている。バーわクラブへ行っただけで「堕落した」と言われる。マスコミの取材はこちらの話を聞かずつまらない質問ばかりであり、重要な部分をカットし、ひどい顔写真を撮って載せる。本を読んだというだけの見知らぬ輩が気安く話しかけてくる。基地外の人が自宅にやってくる。自分を見て子供が泣いた。犬に吠えられた。じろじろ見られる。こっちを見て小突きあう。テレビ局では芸人と同じ楽屋だ。社会運動から寄附を求められる。生活時間が不規則になった。家族まで莫迦にする。止めは有名になり過ぎると遺族が面倒がって葬式を出してくれない。
もうおわかりと思うが、こうした不幸とまでは言えない単なる不満の大半は作家としての慢心にある。あの日のことを思い出し、こうした不満の湧出はあの日の自分ならなかった筈だし、あの日の自分ならどれもこれも当然の扱いと思い、むしろ喜んだ筈のものであると思えば納得できようというものだ。だいたいこういう不満を持つ作家は新人賞などの文学賞を早いうちに獲った人に多く、あの日の苦しみを長く体験していないので初心に還るのが難しいのである。まあ、わからないこともない。
もし不満を書くのなら小説家としての不満ではなく、日頃誰でも抱いている一般人としての不満を書くのが無難である。無難というよりは普通の人よりもうまく書ける筈なのだから読者を喜ばせることにもなる。小生もなるべく誰でもが持つ不満を面白おかしく書くようにしているが、それすら曾て山野浩一から「誰にでもあるような不満を書いている」と批判されたことがあるので、できれば文学的または超現実的または哲学的に書いた方がよいのではないだろうか。 
さて次にいよいよ「小説家の『幸福』について書かねばなるまいが、これはあまり面白くない。不幸に比べて他人の幸福はほとんどの人がよろこばないからだ。それでもまあ、書いておこう。食通と思われ、料理店ではいい席に案内され、料理も旨い。文藝春秋の庄野音比古によれば「この店は一人で来るといつも不味いのに、筒井さんと来るといつも旨い」のだそうである。気難しいと思われ、だいたいは丁重に扱われる。社会的発言力ができた。多少の非常識が許して貰える。我儘を言うと喜ばれることがある。本が無料で贈呈されてくる。映画の試写会や芝居に招待される。編集者を通じて偉い人や専門家に取材ができる。夜更し、朝寝坊をいくらしてもいい。作家同士の交際ができ、小説に関する知識がどんどん増える。厄介な資料集めを編集者がやってくれる。ラフな服装でどこへでも行ける。背広を着なくていい。莫迦なことを言っても笑われず感心される。自分をいじめた連中を見返してやれる。自分を莫迦にした奴らを莫迦にできる。いい着想がなくてその時の大事件を作品に書いても、かえって話題になり評判がよい。見知らぬ人とも話ができる。家族から尊敬される。そして何と言ってもプロの小説家になれたのだという満足感。.....。

再Ending quantitative easing, November 1st 2014 P73 (量的緩和の早すぎる終了)

f:id:nprtheeconomistworld:20200217084618j:plain


 

On October 29th the Federal Reserve said it would end “QE3”:the programme of asset purchases it first announced in September 2012 and began shrinking last December. Quantitative easing, or the buying of assets with newly created money, has been the workhorse of monetary policy since rich-world interest rates fell almost to zero in 2008-09. Despite its expansive use since then, many still see it as an exotic and possibly dangerous monetary tool. They raise three pressing questions:did it work, did it have unacceptable side effects, and was the Fed right to stop? Though QE is often described as an “unconventional”form of monetary policy (as opposed to mundane adjustments to interest rates), it has actually been in use for some time. The Federal Reserve tried it from 1932 to 1936, and the Bank of Japan in the early 2000s. Both have used it again since the financial crisis, along with the Bank of England. QE is thought to work in a few ways. Early in the recession asset purchases were primary intended to ease credit by directing a firehose of liquidity into fearful markets. Other effects became more important over time, such as portfolio rebalancing. A bank that has sold bonds to the Fed will typically wish to spend the proceeds to buy some other asset. When banks buy new securities, the newly created money flows through the system, raising asset prices and reducing interest rates. That, in turn, should boost demand by making investment attractive. If banks buy foreign assets, that may weaken the exchange rate, giving a boost to exporters. Finally, QE is also thought to work as a signal:research suggests that it reinforces central banks' policy guidance, making promises to keep rates low more credible, for instance. QE's detractors point out that central banks around the rich world have expanded their balance-sheets by trillions of dollars in recent years, yet are still nurturing lackluster recoveries. Nonetheless, there is a consensus among researchers that QE has indeed lowered borrowing costs, and thus increased both economic output and inflation, as its advocates intended. In both America and Britain, for instance, several studies have concluded that it helped to lower interest rates. Those declines are generally held to have boosted economic growth. Recent work by Martin Weale and Tomasz Wieladek of the Bank of England found that for every 1% of GDP the Fed spent on bonds, both real output and inflation rose by about a third of a percentage point. Given how close so many economies now are to outright deflation, even a small boost to inflation is not to be sneered at. Why haven't central banks done more in that case? Excessive optimism is one reason;the Fed, for example, has repeatedly overestimated how quickly the American economy was likely to grow. The fear of possible side effects has also stayed central bankers' hands. In some cases, those are subsiding:claims that the new trillions coursing through the economy would lead to hyper-inflation no longer seem credible, given how static prices remain. Central bankers are also increasingly confident that their pneumatic balance-sheets will not interfere with conventional monetary policy. The Fed, for instance, has begun paying interest on the excess reserves banks keep with it. By raising that rate it can attract extra reserves and thus curb bank lending. The worry that QE is generating dangerous financial instability has been more persistent. Jeremy Stein, who served on the Fed's Board of Governors from 2012 to 2014, thinks that persistently low interest rates have caused investors to embrace frighteningly risky assets in a search of yield. If QE spurs the construction of a financial house of cards, the argument runs, its eventual collapse may hurt more than QE ever helped. These fears will be difficult to judge until more time has passed, yet there are good reasons to believe they are overstated. Most central bankers insist they have the regulatory tools to keep excessive risk-taking in check (although their recent record in that respect is inglorious). Recent research by Gabriel Chodorow-Reich of Harvard University finds that the “reach for yield”QE has prompted has been modest relative to its benefits. Asset purchases helped recapitalise ailing banks, he reckons, and higher asset values have dampened the incentive to make risky bets. Anyway, it is important to weigh QE's risks against those of other policies. Were the European Central Bank to resort to QE, it might lead to undue risk-taking, but if the policy also reduced the odds of catastrophic break-up of the euro it would be worthwhile. Critics' third complaint is that QE raises inequality. Asset purchases, naturally, raise asset prices. Since the rich own most financial assets, QE tends to increase inequality through the “portfolio” channel. Yet to the extent that QE boosts growth, it reduces inequality, for jobless is regressive:poorer workers suffer higher unemployment rates and more significant loss of income in weak economies. Higher inflation also makes debts easier to bear, because they can be repaid with money that is worth less. Since borrowers tend to be poorer than creditors, QE diminishes inequality in that way too. Recent research suggests that tight monetary policy tends to raise inequality while expansionary policy reduces it. If QE works and its potential costs are overstated, should the Fed not keep at it? Those cheering its demise note that growth has been strong and steady for most of 2014, and that unemployment, at 5.9%, is near its long-term average. Yet history suggests that leaving QE behind is never simple. As long as interest rates remain near zero any nasty new development will force the Fed to resume it or stand by while the economy deteriorates. And low and falling expectations of inflation suggest that markets doubt the Fed's ability to leave Japan-style stagnation behind. A premature exit from QE3 is a good way to make sure there is a QE4.

 

(巻二十四)ぶらんこををりて喧嘩に関わらず(行方克己)

f:id:nprtheeconomistworld:20200217083944j:plain



2月16日日曜日

風邪みたいなもので、回復してきた。やはり生活環境が変わったための調整なのでしょう。
雨のため外出せず。

本

「ラブリンスの残る墨東の町-玉ノ井、鐘ヶ淵(墨田区) - 川本三郎ちくま文庫 私の東京町歩き から

読み始めた。
荷風の話はほとんどない。鐘ヶ淵編があたしには新鮮だ。とは言ってもそれは80年代のことだが。

そんな一日を過ごした。

3/3「第五章 「西寒川線[にしさむかわ]」・清水港[しみずこう]線・岡多[おかた]線・武豊[たけとよ]線・「赤坂[あかさか]線」・樽見[たるみ]線 - 宮脇俊三」河出文庫 時刻表2万キロ から

f:id:nprtheeconomistworld:20200214070138j:plain


3/3「第五章 「西寒川線[にしさむかわ]」・清水港[しみずこう]線・岡多[おかた]線・武豊[たけとよ]線・「赤坂[あかさか]線」・樽見[たるみ]線 - 宮脇俊三河出文庫 時刻表2万キロ から

岡崎に戻り、東海道本線に二〇分ほど乗って大府[おおぶ]下車、武豊[たけとよ]線で武豊までの一九・三キロを国電型座席のディーゼルカーで往復し、大府から快速電車で大垣に着いたのは16時30分であった。
大垣からは、まず美濃赤坂までの五・〇キロに乗る。この線は東海道本線の枝線で、地元では「美濃赤坂線」あるいは「赤坂線」と呼んでいる。運転本数は本線からの乗り入れ列車など一日八往復あるが、昼間は土曜日のみ運転の一本を除いてまったくないので、スケジュールに組みこむのがむずかしかった。
今回私が乗るのは16時55分発で、朝の8時17分発のつぎがこの電車なのである。
発車して、関ヶ原の方へ向かって東海道本線の上を4分も走り、ようやく分岐して自分の線に入ったとたんが荒尾[あらお]で、すでに三・四キロ、終点美濃赤坂まであと一・六キロしかない。五・〇キロという営業キロも短いが、実質は一・七キロぐらいの線である。
赤坂は、背後に全山石灰石の金生山[きんしようざん]があり、大理石の町として知られるが、現在はイタリアから輸入した原石の加工が主になっているという。構内には無蓋貨車が多い。
古い駅舎の終着駅で、なかなか風情のある美濃赤坂をあとにして、大垣に引き返し、今日の最後の樽見線二四・〇キロに乗る。この線は二時間に一本ぐらいの割合で運転されている。
大垣発17時26分美濃神海[こうみ]行の二両のディーゼルカーは、樽見線専用ホームから美濃赤坂行とは反対に岐阜の方に向かって発車する。これまた四分ほど東海道本線に沿うが、こんどははじめから自分の線路の上を走り、本線との分離点にある無人駅東大垣にまず停車する。本線には駅はなく、電化複線の堂々たる線路が、支線の小駅など眼中にないかのように一直線に貫いている。こちらはいかにもローカル線らしく、田園を背景にしてぽつんと停まる。
揖斐川を渡り、岐阜の金華山の突?とした山峰を眺めながら濃尾平野の北辺を北へ進む。ビニールハウスの野菜づくりがひときわ盛んな地帯で、蒲鉾の並んだなかを行くようである。大垣から三〇分の美濃本巣[もとす]で上り列車と交換すると、まもなく平野は尽きて山間に入り、渓谷沿いになる。川は揖斐川の大きな支流根尾[ねお]川で、これを遡ってゆくと明治二四年の濃尾地震でできた根尾谷断層がある。断層から二キロばかり奥が根尾村役場のある樽見で、樽見線の名はそこまで鉄道を敷こうとして名づけられたのであろう。しかし昭和三三年に美濃神海まで開通して以後は進捗していない。
18時08分、終点の無人駅美濃神海[こうみ]に着く。ここまで残った数人の客が散ってしまうと、私一人だけになった。折り返しの発車は18時36分で、すこし時間がある。駅前には雑貨店が一軒あるだけで人家もまばらなところだから、することがない。ホームの上では運転士と車掌が手持ち無沙汰なのか、宮殿の衛兵のように交互に行ったり来たりしている。私は岐阜までの切符をつくってくれるよう車掌に頼んで、車内に戻った。大垣でなく岐阜までと言ったのは、大垣で途中下車して「美濃神海」入鋏された切符を手中に収めたいためである。ある旅行家に「もうじき二万キロになりますよ」と自慢して「証拠はあるの?」と反問されていらい、私は切符など蒐めるようになってしまったのである。
帰りは、私とあと一人を乗せて薄暮の山間駅を発車した。二つ目の木知原[こちはら]を過ぎると根尾川の谷が狭くなる。突然、対岸の斜面の樹間から赤一両・緑一両の小じんまりした二両連結が現われ、こっちと平行して走りだした。私は狐火でも見たようにはっとしたが、これは名古屋鉄道谷汲[たにくみ]線に紛れもない。暗緑色に翳った樹林に隠顕する二両の配色が絶妙で、名鉄というと赤いパノラマカーを思いうかべてしまうが、こんな電車を山間に走らせていたのかと感心した。国鉄ばかり乗っている私でも乗りたくなる電車であった。
大垣、名古屋で乗換え、東京には22時32分に着いた。五線区を消化したのだから、なかなか充実した日帰り行であった。

再Artificial reefs, December 6th 2014 PTQ4 (人工珊瑚礁)

f:id:nprtheeconomistworld:20200216090302j:plain


再Artificial reefs, December 6th 2014 PTQ4 (人工珊瑚礁)

 

Artificial reefs:New ways to construct underwater environments are encouraging marine life and boosting fish stocks Toilets, shopping carts, washing machines and other assorted junk have been dumped into the sea to create habitats for marine organisms and fish that feed upon them. But making reefs from refuse is frowned upon. Alabama, for example, banned fishermen from sinking vehicles in the Gulf of Mexico in 1996, even when drained of potentially harmful fluids. Now more bespoken artificial reefs are taking shape. Reefs improvised from junk often do not work well. Corals struggle to colonise some metals and domestic appliances mostly disintegrate in less than a decade. Some organisms do not take to paints, enamels, plastics or rubber. Precious little sea life has attached itself to the 2m or so tyres sunk in the early 1970s to create a reef off Fort Lauderdale, Florida. Tyres occasionally break free, smash into coral on natural reefs and wash ashore. Yet building artificial reefs that are attractive to marine life can pay dividends. Some reefs built in Japanese waters support a biomass of fish that is 20 times greater than similarly sized natural reefs, says Shinya Otake, a marine biologist at Fukui Prefectural University. He expects further gains from a decision by the Japanese government to build new reefs in deep water where they will be bathed in nutrients carried in plankton-rich seawater welling up from below. The potential bounty was confirmed in a recent study by Occidental College in Los Angeles. Over five to 15 years researchers surveyed marine life in the vicinity of 16 oil and gas rigs off the California coast. These were compared with seven natural rocky reefs. The researchers found that the weight of fish supported by each square metre of sea floor was 27 times higher for the rigs. Although much of this increase comes from the rigs providing fish with the equivalent of skyscraper-style living, it suggests that leaving some rigs in place when production ceases might benefit the environment. Making reefs with hollow concrete modules has been especially successful. Called reef balls, these structures are pierced with holes and range in height up to 2.5 metres. The design is promoted by the Reef Ball Foundation, a non-profit organisation based in Athens, Georgia. Reef balls can be positioned to make the most of photosynthesis and for plankton to drift slowly across their curved inner surface. This improves the nourishment of plants and creatures setting up home within. A hole in the top reduces the chance of them being moved about by storm currents. Concrete used to make a reef ball is mixed with microsilica, silicon-dioxide powder, to strengthen the material and lower its acidity level to be more organism-friendly. The balls are cast from fibreglass moulds, which are typically sprayed with a sugary solution before the concrete is poured. This creates tiny hollows which provide a foothold for larval corals. Over 500,000 reef balls have been placed in the waters of more than 60 countries, and each one should last for some 500 years, says the foundation. The value of artificial reefs has been boosted by the spread of GSP devices and sophisticated sonars on boats. This allows fishermen to locate the subsea structures precisely. It is necessary to be directly above the reef to reel in more fish, says David Walter of Walter Marine, an Alabama company that used to sink vehicles for fishermen but now places pyramid-shaped, hurricane-resistant steel, concrete and limestone structures to create artificial reefs. These constructions can cost nearly $2,000, but many fishermen consider them to a good investment, especially to catch red snapper. Using underwater drones for long-term studies of reefs and their associated marine life is also helping improve designs. Sensors can be installed on reefs to monitor boat traffic and activities such as fishing and scuba diving. Perhaps the most innovative way to build a reef involves anchoring a frame made with steel reinforcing bars to the sea floor and zapping it continuously it with electricity. This causes minerals dissolved in seawater to crystallise on the metal, thickening the structure by several centimetres a year. Biorock, as the resulting material has been trademarked, becomes stronger than concrete but costs less to make. More than 400 “electrified” reefs, many the size of a small garage, have been built this way. Three-quarters of them are in the ocean around Indonesia. The electricity needed to power Biorock can be supplied by cable. But it can also be generated at sea in various ways. A floating buoy can produce power from wave motion, or raft can be tethered nearby fitted with solar panels or a small wind turbine. Only a dribble of electricity is needed, so marine life and people swimming in the area are not harmed, says Thomas Goreau, the boss of Global Coral Reef Alliance, a Massachusetts-based non-government agency which is behind the technology. Artificial reefs are also used for other purposes, such as to improve surfing or to help prevent beach erosion. Less wattage than it takes to power a domestic air conditioner is presently being used to build a 50-meter reef designed to slow erosion along part of the coastline in the Maldives. The electric current also stimulates coral growth. Once the mineral substrate has formed, divers use plastic cable-ties to attach bits of dying coral that have snapped off nearby reefs. Some pieces will recover their colour and start to grow again within an hour, says Mr Goreau. With a rapidly expanding world of population, artificial reefs appear to be a promising way to improve fish catches.

 

(巻二十四)ふと忘る暗証番号夏の果(青木繁)

f:id:nprtheeconomistworld:20200216085821j:plain


2月15日土曜日

午前中は家事に集中した。体を動かして何かをしていた方が余計なことを考えなくてよい。
それほど物忘れがひどくなったとは思わないのだが、自分ではどうしようもないことを考えているので、言われたことがおろそかになる。
ドアの鍵カードが作られて、外出から帰り施錠が終わった時にカードをドアノブから外し所定の場所に戻すルールが出来た。
帰宅時の鍵の締め忘れを無くすのが目的とのことだ。
今まで鍵の締め忘れはないことは細君も認めているのだが、カードでミスのないようにしたいというので従うほかはない。
ふと忘れないように。

春一番妻の一言逆らわず(野村征三郎)

とじ傘
午後の散歩は曳舟川親水公園を歩いた。特に花はなく、水も渇れている。マスクの着用率は高くなっているが、子供たちはしていないなあ。

本

「四十二の感動 - 出久根達郎」文春文庫 朝茶と一冊 から

を読んだ。以下は導入部分で本題とは直接関係ない。
売る方も気を使っているんだ。

《 なんでも売ることができる古本屋だが、私の場合、エロものだけは扱わなかった。これを置かないと、郊外の古本屋は苦しい。
別に主義で置かないとのではない。私の小説を読んで下さる方は、うすうすお察しであろうが、私は人一倍、この手の本が大好きである。古本屋の店員時代は、「夫婦生活」だの「あまとりあ」「笑の泉」などという雑誌を愛読していた。下町の本屋だったから、売れ筋は軟派雑誌と大衆小説である。軟派の方は、当然ながら若い男性が多かった。
例外なく、恥ずかしそうに買って行く。店番のコツは、絶対に客と目を合わせないことである。それと、よけいな口をきかないこと。手早く商品を包んであげること、包装の際、客が買った雑誌を見ないこと、である。》

不健全図書を世に出しあたたかし(松本てふこ)

今の心持ちでは死生観の随筆などは読めませんし、旨いもの随筆にも食指が動かないのでございます。
それでこれを見つけました。
鬱な気分はやや好転です。外的なことではなくて内的に勝手にスパイラルなんですよ。でも昨日の今ごろよりは楽だし、とにかく一日を過ごせました。感謝します。
悟りは無理ですが、諦めはできるかもしれないのでそちらを目指します。よろしくお願いいたします。

2/3「第五章 「西寒川線[にしさむかわ]」・清水港[しみずこう]線・岡多[おかた]線・武豊[たけとよ]線・「赤坂[あかさか]線」・樽見[たるみ]線 - 宮脇俊三」河出文庫 時刻表2万キロ から

f:id:nprtheeconomistworld:20200214070138j:plain


2/3「第五章 「西寒川線[にしさむかわ]」・清水港[しみずこう]線・岡多[おかた]線・武豊[たけとよ]線・「赤坂[あかさか]線」・樽見[たるみ]線 - 宮脇俊三河出文庫 時刻表2万キロ から

その月末、昭和五一年四月二十六日に、岡多[おかた]線が新豊田まで開通した。岡多線は、東海道本線の岡崎から豊田市瀬戸市を通り、中央本線の多治見までを結ぼうとする線である。この開通によって私の未乗区間は一本増え、六一になった。
東海地方には清水港線、名古屋の手前の大府[おおぶ]から南へ分岐する武豊線、大垣からの樽見線、おなじく大垣からの枝線「美濃赤坂線」の四本が未乗のまま放置されている。いかにも灯台下暗しのようで気になってはいた。しかし岡多線の開通が近いらしいので、いっそ五本ひとまとめに日帰りで処理しようと、その機を待っていたのでもあった。
岡多線の開通日四月二六日は月曜日なので、二九日の祭日に実行する予定であったが、前夜の行状のせいで朝の四時半などにはとても起きられず、私は珍しく日延べをした。こんな早起きを強いられるのは清水港線のためである。
清水港線は、清水から三保の砂嘴によって囲まれた湾岸を釣針状にぐるりと回って三保に達する八・三キロの臨港線である。貨物専用と言ってよいような線で、もとから旅客列車の運転本数は少なかったが、だんだん減らされて一日一往復になってしまった。一日一往復しかないのは全線区中この清水港線のみで、その方面では国宝級などと言って珍重する人もいる。
下り列車は清水発8時11分、上りは三保発16時14分であるが、上りを利用しようとすると、東京起点の日帰りではそれまでに名古屋周辺の四線に乗り終えることができない。下りの8時11分ならば、東京発6時04分の「こだま」の始発ででかけて静岡から清水に戻れば間に合うし、あとのスケジュールもうまくいく。
五月二日、日曜日の朝五時前に家を出た。連休中でもあり「こだま」の始発は早起きの人たちで混んでいて、静岡まで立った。在来線の電車ですぐ引き返し、8時03分に清水に着く。
しかし、目指す清水港線の乗場が見当たらない。ホームにいた助役に訊ねると親切に教えてくれたが、発車まで八分もあるのに「急いでください」と言う。教えられたとおりに、まず長いホームの静岡寄りの末端までゆき、そこから地上に下りると、輻輳する貨物線の間に操車係りしか歩いてはならぬような道があり、それを進んでゆくと構内の踏切があって遮断機が下りていた。貨物列車がどっかと停まっていていっこうに動く気配がないので、いつ通れるのかわからない。ひとかたまりになって待っている一人に訊ねると、「もうすぐ開きますよ」と落ち着いている。
まもなく貨物列車が移動して踏切が開いた。待っていた人たちと一列に並んで、また貨物線の間を歩いてゆくと簡素なホームがあって、そこに清水港線の列車が待っていた。もっとも、同乗の人たちといっしょでなかったら、私は貨物列車かと思ってうろうろしたかもしれない。なにしろこの663列車の編成はディーゼル機関車を先頭にタンク車、客車、そのあとは貨車ばかりなのである。混合列車に乗るのはひさしぶりであったが、車内は東海大学の運動部らしい学生の集団で満員であった。
発車すると、魚市場、冷凍倉庫、製油工場、罐詰の町工場の間を、貨物列車らしくゆっくりと進む。このあたりの罐詰工場は
冬はミカン、夏は魚を詰めるという話である。灰色に濁った巴川を渡り、左へ九〇度以上カーブすると折戸[おりど]で、すぐ左の海面に広い貯木場があった。
折戸から先きは住宅地となり、家庭菜園に移植したばかりのナスやトマトの苗のようすを観察しているうちに、列車の速度はますます遅くなり自然に停車した。もちろん制動をかけたのであろうが、油が切れて停まるような感じで、そこが終点の三保であった。
上り列車は夕方までないから、バスで帰ろうと駅を出ると、ここでも犬に吠えられた。脂くさい学生服がぞろぞろ降りたのに、私に向かってだけ吠えている。犬というのはよほど閉鎖的な動物なのだろう。さいわい小さな奴だったので、かなり接近してきたが無視し、昨夜来の雨で水溜りの多い駅前や小路を抜けてバスの通りへ出た。清水行のバスは頻繁に運転されており、停留所も街角ごとにあって、とても国鉄のかなう相手ではなかった。ただし所要時間は、八・三キロを二五分もかかった混合列車より余計かかった。

清水から在来線の電車で静岡へ行き、新幹線に乗り継いだが、これも混んでいた。きょうは朝から坐ったことがない。豊橋で在来線に乗換え、岡崎に着いたのは11時45分、岡多線の新豊田行は12時13分である。駅には「祝岡多線開通」の飾りつけがされていて、花やいだ気分になる。
岡多線の開通区間は一九・五キロで、途中八・七キロ地点の北野桝塚[きたのますづか]までは自動車積出し用の貨物線があったが、こんど新豊田まで延長して客扱いをはじめたのである。
岡崎の駅は市街の中心部から四キロほど南にあるので、岡多線の電車は、しばらく走ってから岡崎城跡の繁みや復元天守閣を右に見る。矢作[やはぎ]川を渡ると北野桝塚で、左手に広大な自動車の輸送基地があり、乗用車を八台ずつ積んだ二段式の貨車が延々と連なり並んでいる。こういう貨車を車運車といい、貨車のなかではいちばん長くて二〇・五メートルもあるそうだが、それにしても貨車に積みこまれた自動車というのは、さまにならない。しかし、身柄を国鉄に預けたような殊勝な格好で全国の販売所まで運ばしておいて、いずれは国鉄の敵になるのだから、ちゃっかりしている。
最近の新線は道路とは立体交差で建設されるから、平野部では高架になる。乗っていると新幹線が徐行しているような錯覚をおぼえる。アドバルーンをあげた新しい百貨店などのある豊田の町が右窓に近づいてくるのを高架上から眺めているうちに、12時40分新豊田着。駅も新幹線のをやや小型にしたような立派なものであった。