2018-12-31から1日間の記事一覧

(巻二十)税重く財布の堅く春遠し(藤本泰三郎)

12月31日月曜日 大晦日定めなき世のさだめ哉(西鶴) 午前、駅前まで買い物に出掛けた。今晩の夕食の刺身、昼飯のサンドウィッチほかのパン、休み中のバナナ、牛乳、ヨーグルト、納豆、休み中の茶菓子であります。 魚屋と肉屋が大変な混雑になっていました…

句集

平成三十年 転職も二度目は慣れて晦日そば 冬来たりなば春とはシェリーかな 君と僕どちらが先きか年賀状 歳晩や旧社に掛ける里心 定期券取り戻したる神無月 手探りのボタンダウンや穴惑い 定期券払い戻して秋深む 独酌の送別会の二次会の 空蝉や七日を切りし…

1/5「水の流れ 永井荷風文学紀行 - 安岡章太郎」 講談社刊 歳々年々 から

1/5「水の流れ 永井荷風文学紀行 - 安岡章太郎」 講談社刊 歳々年々 から 私は、学生時代に一度、永井荷風とおぼしき人に出会ったことがある。あれは昭和十七年、夏の終りか秋のはじめの頃だった。神田の古本屋の店先に立っていたら、私の隣に背のスラリと…

随筆筆写控

「総支配人 定保英弥 - 村松友視」文春文庫 帝国ホテルの不思議 から 「本のリズム、暮らしのテンポ - 角田光代」岩波文庫編集部編 読書という体験から 「鍋料理の話 - 北大路魯山人」中公文庫 魯山人味道 から 「生きていた新撰組 - 太田俊穂」文春文庫…

Train ad beauty

JR changes the model girl every season and this season’s girl is not my cup of tea.

(巻二十)小春日の菩薩の腰の妖しめり(久富かつよし)

12月30日日曜日 正月の煮物の手伝いをいたした。細君も呆けがはじまったのか茸を入れ忘れたらしい。まっ、いいか。 続いて恒例の紅白膾です。 大根と人参をマッチ棒ほどの太さに切るのですが、今年は太いと手抜きを咎められました。 煮詰まつてゆくは夫…

Life is short. That's the point - by Allison Arieff August 22 2018 人生は短し

Life is short. That's the point - by Allison Arieff August 22 2018 人生は短し Our mortality is not something to be overcome. It is integral to our humanity. Consider this fact of modern life: Nearly all of the technological products that w…