2020-12-20から1日間の記事一覧

随筆筆写控え帳

随筆筆写控え帳 「ほんのりと匂うもの - 岡井隆」ベスト・エッセイ2006から 「行政調査を求める通報文の真偽と偽計業務妨害の成否 - 早稲田大学教授杉本一敏」 「安心して、死ぬために(抜粋1) - 矢作直樹」扶桑社 から 「貧乏はどこへ行ったのか …

「ほんのりと匂うもの - 岡井隆」ベスト・エッセイ2006から

「ほんのりと匂うもの - 岡井隆」ベスト・エッセイ2006から 死を歌った歌としては、斎藤茂吉の、 暁[あかつき]の薄明に死をおもふこともあり除外例なき死といへるもの がしばしば話題になる。読者の共感しているのは「除外例なき(例外なくすべての人…

(巻二十七)消防も野次馬も去り守宮(いもり)鳴く(内藤一漁)

(巻二十七)消防も野次馬も去り守宮(いもり)鳴く(内藤一漁) 12月19日土曜日 部屋の掃除、ダクトのフィルターの張り替え、エアコンのフィルター掃除、読まない新聞の片付け、が午前中の作業でした。 年つまる終りは速き砂時計(これまつみつを) 散歩: 寒い…